心に多色礼讃

唯一無二の大したことないことを胸に

【感想文】「ブログ飯」理屈の先にあるものを掴むということ

ブログ飯 個性を収入に変える生き方

 

こんにちは、心に多色礼讃のルレムラ(@luremura)です。やっとこさ「ブログ飯」を読み終えました。

 

本書がコチラ。

ブログ飯 個性を収入に変える生き方

ブログ飯 個性を収入に変える生き方

 

 

感想に行く前に著者の染谷 昌利さんについて。

 

株式会社MASH 代表取締役

 

1975年生まれ。埼玉県出身。12年間の会社員生活を経て、インターネット集客、GoogleAdSense、アフィリエイトの専門家として2009年に個人事業主として独立。7年間フリーランスとして活動し、2015年3月に株式会社MASHを設立。

現在はブログメディアの運営とともに、地方自治体や企業のウェブサイトのコンテンツ作成パートナー、パーソナルブランディングやネットショップなどのコンサルティング業務も行う。

 

(「Amazon著者についての詳細」より引用)


失礼ながら私、本書を読むまで存じ上げておりませんでした。すみません。

 

本書は「すぐに結果が出て収益が上がってお金持ちになれます!」的な、上澄みだけをすくったような本ではありません。技術ではなく、もっと根底に入り込んだ事について書かれています。

 

著者の染谷さんのサラリーマン時代の初期の頃は、いわゆるネット黎明期。今のようにネット検索して簡単に情報が入る時代ではありませんでした。当然ツイッターのようなサービスもなく、スマートフォンのスの字すら存在していない時代であります。

 

私自身の経験ですが、2000年代ごく初頭に、実際に自分でHTMLの参考書を買ってきてサイトを立ち上げていたことがありました。今では、そんな参考書を買ってこなくても、ネット上に詳しい知識が載ってますし、誰でもブログを立ち上げたりできますよね。IT業界の日進月歩に驚くばかりです。

 

さて、そんな黎明期、染谷さんは新卒で入社して、はじめてパソコンを触ることになります。自分でもパソコンを購入し、夜な夜なパソコンいじりをしつつ、少しずつパソコンのスキルを高めていきます。

 

時代が進んでいく中、染谷さんは自分の好きな物、車、書評、レシピ、などを扱ったブログを開設→閉鎖を繰り返していくことになります。寝る間も惜しんでブログに没頭していきます。

 

とにかく好きなものを突き詰めては自分で噛み砕きブログで発信していきます。その間もネットやIT業界の事も勉強し、知識や経験値を蓄え吸収していきます。

 


本書の中にはいくつかキーワードが出てくるんですが、特に強く感じたのが

 

「人との違い」「継続」「好きな物への愛情」そして、「私にとっては当たり前の事でも、他人から見れば初めての話」ということ。

好きだったからこそ、偏向した愛情が文章に出て、訪問者の人に楽しんでもらえたのではないかと思います。

(「ブログ飯」本書より引用)

 

ものすごーく雑に解釈すると、専門家まではいなくても、賢く売れるオタクなれということかなぁと自分なりに解釈。

 

あとちょっと読み進めて頭に浮かんだ本が何冊かありました。伊丹十三監督の「ヨーロッパ退屈日記」、三島由紀夫著の本、そしてこのブログのタイトル元ネタにもなっている谷崎潤一郎の「陰翳礼讃」 。 

ヨーロッパ退屈日記 (新潮文庫)

ヨーロッパ退屈日記 (新潮文庫)

 

 

禁色 (新潮文庫)

禁色 (新潮文庫)

 

 

陰翳礼讃

陰翳礼讃

 

 

そんな視点があったのかと感心させられるような、著者独自の美学やこだわりがこれでもかと、時に呆れるくらい熱を込めて語られているんですが、皆さん(いい意味で)立派なオタクです。

 

「陰翳礼讃」は学生時代習った方も多いんじゃないでしょうかね。私もそのひとり。学生時代、現文の教科書に掲載されていた陰翳礼讃に衝撃を受けました。確か日本家屋に見る陰翳の美しさを書いたものだったと思うんですが、谷崎潤一郎の手にかかれば普通の人が見逃してしまう、ただの物が独自の価値に仕上がってしまう。別世界の特別な物になってしまうんです。

 

伊丹十三の「ヨーロッパ退屈日記」は谷崎潤一郎に比べればポップな語り口調ですが、彼独自の美学と見聞が随所に散りばめられていて、実際にヨーロッパに住んでみないと分からない体験談に、思わずニヤッと笑ってしまいます。

 

三島由紀夫著は、その心理描写と情景描写が緻密過ぎてクラクラ。常人には真似できない。職人が下ごしらえから丁寧に作った料理や、緻密に折られた折り紙を思い起こさせます。

 


私ですね、なんでこれらの本が好きなのか、ブログ飯を読んでてようやく気付かされたわけです。彼らの持つ独自の美学や視点から見た物事が、私に持たない視点なわけでありまして。凄く魅力的に映ってしまうのですね。

 

実際に、それほど欲しくなかったのに、レビューを読んでたらすごく魅力的に映って買ってしまった!通販番組に電話しちゃった!なんてことありませんかね。まさしくその原理なんです。

 

私が好きなブロガーさんと照らし合わせて考えてみたんですが、この点に秀でているブロガーさんが多いんですよ。人の心を動かすのがうまい。

 

凄く興味があったわけでもない、あるいはどちらを買うべきか悩んでいる時、ブログ記事を読んで「欲しい!買おう!」「真似しよう!」と心が動いてしまうんです。

 

それを再現できちゃう方って、ブロガーとして本能的に成り立っているんじゃないでしょうか(羨ましい)。


と言いましても、財布の紐は固いものです。上澄みだけすく救った文章はすぐにわかりますよね。あらやだ、ブーメラン。

(中略)

それでは実際にお金を出して買おうかどうか迷っている人の心を動かすことはできません。実際に自分で買ってみるからこそ、なぜその商品をえらんだのか、なぜお金を出してまでその商品を買ったのかという説明ができるのです。


買うまでに生じた迷いや葛藤まで含めて紹介するからこそ、その商品に対して興味を持っている読者の関心を引き、共感してもらえる文章を書くことができるのです。

(「ブログ飯」本書より引用)

 

私が実際にブログを読んでいたり、芸術作品、音楽や本、漫画で一番魅力を感じる時って、生み出している人のバックボーンを感じた時なんですよ。その人の生き様や信条、人生観が見えた時、歩いてきた道にグッと引き込まれるんです。

 

俳優さんとかアーティストと呼ばれる方って、若さの輝きや、才能だけで惹きつけられることもできますが、深みに達することができる方って、人生経験から得られた生き様が左右すると思います。生き様が表情や姿勢、作品に無意識に表れてしまう。編集や補正、修正だけではどうにもならない部分です。

 

本書ではそれを上記の内容で書かれていますが、実際、染谷さんがブログで収益を上げるまではドラマティックでかなりの説得力を持ちます。読んでる側としては「これだけやってきた人が言うのだから、そうなのだろうな」と思ってしまうわけです。

 

さてさて、そんな染谷さん、ブログで飯食っていくと決めて12年間の勤め人生活に終止符を打つわけですが、なかなか思ったような収益が上がらず、窮地に立たされます。が、土壇場で息を吹き返し、逆転劇のように成功していくわけです。

 

本書の最後の方に、一部始終を見ていた奥さんのコラムが掲載されていたのですが、これが全てを物語っていて面白い。

 

北条政子とかビクトリア・ベッカムのようないわゆる鬼嫁なのですが、染谷さんが「会社を辞める!」という時も、不安を感じたことはなかったというくらい、かなり肝っ玉の据わった方。

 

奥様曰く

(中略)
私は禅や瞑想が趣味で、その中に「諦めた瞬間、豊かさが入ってくる」という教えがあります。開き直りというのは、ある種の「覚悟」だと思います。追い詰められたり腹を括ると、人知を超えた大きな力が働くのかもしれません。

(「ブログ飯」本書より引用)

 

「諦める」って「(その状態を)明らかにする(あきらかにする)」と語源としては同じだと聞いたことがあります。


染谷さん、もう本当にダメだと思った時、事態が好転し始めて急に軌道に乗り始めます。積み上げてきたものが急に報われるように。

 

よく「あいつは運が良かったから成功した」と聞きますが、「運も実力の内」という言葉もあるように、積み上げてきたものがなければ軌道に乗れないし、いざという時最高のパフォーマンスもできません。

 

「お天道様は見ている」と言いますよね。私は一概には言えないんですが、染谷さんの成功するまでの流れが神がかり的なので、神様なり仏様が見てくれていたのではないかと思うんですよ。

 

以前、猿田彦様のお札の話にもありましたが、一心不乱に頑張っている人をちゃんと見てるんですよね。一生懸命がんばっている染谷さんを見て、追い風を送ってくれたんじゃないんでしょうか。

 

 

こんな人事で計り知れない不思議な事を、ブログ本の感想文で書いていいのか悩んだんですが、本書の中でもやたら「不思議」って言葉が出てくるんですよ。調べてみたら11か所ありました(笑)。染谷さんもなんとなく気付いているんじゃないかなと思ってみたり。

 


技術を売ることは誰にでもできるけど、「あなたから買いたいんです」と思ってもらうのって、理屈じゃない。会った時ににじみ出るその人の人間性や生き様。意外と人は、ちゃんと嗅ぎ分けているもの。なんでしょう、もっと人間味あふれるオタクになりたいと思いましたよ。

 

読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

ちなみに猿田彦様から助けてもらった時のお話はコチラ。  

www.lure-tashoku.net