心に多色礼讃

唯一無二の大したことないことを胸に

プレゼントで喜ばれたいなら、やっぱりお金やブランドに頼ってみるのが一番

f:id:lurem:20200107184019j:plain


こんにちは、ルレムラ(@luremura)です。


みなさん、友人へのプレゼントって何を基準に選んでいますか?


おととし(2018年)の話ですが、私は友人に出産祝いを贈った際に「あ、人に贈り物をするなら、やっぱりお金やブランドっていいんだなぁ」と実感した出来事がありました。


今回はそのときの出来事、「人に喜んでもらいたいなら、とりあえずお金やブランドのパワーに頼ってみてはいかがか?」というお話をします。



友人に出産祝いでプレゼントを贈ることにした

f:id:lurem:20200107184019j:plain


まず、友人への出産祝いを贈る経緯をまとめると、こんな感じです。


  1. 二人目を出産した友人
  2. 普段は子供あてに定期的に絵本をプレゼントしていた私
  3. 今回は二人目ということで子供ではなく母親(友人)にプレゼントをしようと考えた
  4. ちょうど私がPOLAに足を運んだりしているので、「POLAのマスカラをプレゼントしよう」と思いつく


この友人には、一人目を生んだ後に子供あてに絵本を贈っていました。


ただ、二人目が産まれた後、「今度は母親に物を贈ろう」と思い立ちます。


だってさ、子どもって一人産んで育てるだけでも大変でしょう?


…って、私は子どもを産んだことがないので、その辺りどうしても実体験からお話できませんが、絶対お母さん大変だ。


子供に栄養と体力を吸い取られて、自分のことでも大変なのに、自分のことは二の次三の次にしないといけない。


なので、少しでも「母親(友人)が自分のために使える物を贈ろう」と決めたのでした。

「POLAのマスカラ」をプレゼントに贈ろうと思い立った理由

で、数ある商品の中で、私がなぜに「POLAのマスカラ」を出産祝いで贈ろうと決めたのか?


まず、使っているPOLAの店員さんのまつ毛を見たときに、「これは本当にまつ毛が伸びるやつや~」と、ヒシヒシ感じていたから。


なんでも、美容液が入っているので、まつ毛そのものが伸びるんだとか。なので「人へのプレゼントでも全然OKな化粧品だ」と判断したのでした。


そしてこんな理由も。

  • POLAがブランドとして確立しているから
  • 私でも買えなくもない値段だったから
  • 自分で使うなら高いと感じるが「プレゼントなら良い」と思ったから
  • 出産祝い=「こういうものを贈らないといけない」みたいな先入観があまりなかった

「私でも買える値段」と書くと、「今回のテーマ、お金やブランドと関係なくなってくるじゃん」と突っ込まれそうですが、このマスカラは私が使うには高いけど買える値段。しかも、POLAの中では安い方。


ちなみに私のマスカラ観は、過去に「マスカラはしない選択」と言ってますね。

www.lure-tashoku.net


プレゼントを受け取る側にとっても、そんなに気負わなくてもいい品・値段なのですね。


結果的に、


「実用面で効果もある」
「ブランドとして申し分なし」
「(私が買う化粧品の中では)値段が高い方だった」


ので、友人に出産祝いとして贈ることにしたのでした。


…なんだかこうやって書いていると、まるでPOLAの回し者のようですが、私はPOLAの回し者ではありません笑 


ちなみに、過去に登場したPOLAの無料肌診断の記事はこちら。

www.lure-tashoku.net

なんだかんだ言って「お金やブランドにはパワーがある」と実感

f:id:lurem:20200107184052j:plain
(友人に送ったマスカラ。3000円ちょいで買えます。)


そんな私からのマスカラを受け取った友人は…


結果的にとても喜んでくれたのでした!


友人曰く、


「プチプラのマスカラしか使ったことがないので、こういう(ブランドとして名が通っている)マスカラをもらえるのが嬉しい」


「二人目を産んでから化粧品を贅沢に感じてしまい、なかなか化粧品に手が出せなくなっていた」


とのことでした。


この友人がとても受け取り上手というのもあったのですが、こちらの思いが伝わったようで、とても嬉しく感じたのでした


純粋に、人に喜んでもらえるのって嬉しい。


その後、とあるセミナーに参加していたときのこと。物の値段のお話について、こんなお話が登場します。


「もし、10万円の商品か30万円の商品かを贈られたとき、どちらが嬉しく感じるか?」
「確かに物が高いと及び腰になるが、なんだかんだでお金には『パワー』がある」


確かに物を買うときに値段が高いと腰が引けますよね?


でも、実際に自分が高い商品を贈られたらやっぱり嬉しいし「私のために…ありがてぇ~」という重みが違うんですよね…。(もちろん、高すぎるのは困るけど)


お金を使った側も、「良いことに使った!」という気分になれる。


私自身は、自分に高いお金を使うのは考えますが、相手に贈り物をするときは、やっぱり


「ちょっとお値段高め」
「名が通ったブランド物」


を贈ると気持ちいいし、とても感謝されるんだなぁと、実感できたのでした。両者WINWINになれたわけですね。

お金とブランドと、さらに「相手への思い」も大事

f:id:lurem:20200107184147j:plain

お金とブランド品にこだわると、やたらと物欲の権化みたいに言う人います。


では、何がお金やブランドを良きものにさせるのかなーと考えていたのですが、もちろん、相手の趣味や相手が本当に欲しがっている物もあるのですが、


最終的にその人の「熱量」だとか「情熱」といった、「思い」が乗っかったときですよね。


私は、その友人が出産後具体的にどういう状況だったのかは、プレゼントを贈るまでは知らなかったのですが、


「きっと、自分のことを優先できずに大変なはず」
「この商品は効果もあるから、オススメできる」
「このプレゼントで喜んでくれたら嬉しいな」
「私だったら、このマスカラをプレゼントされたら嬉しい」


と、相手のことを想像して贈りました。


当たり前のことなんですが、こういう思いを乗っけて、さらにそれに値するお金やブランドを重視した贈り物を贈ると、こんなにいいんだなぁ~と、あらためて思ったのでした。

結論「人へのプレゼントは、お金とブランド名が通っている物だとやはり盤石」

今回、私はたまたまマスカラだったわけですが、それでも、お金が相場よりやや高めでブランドの名が通っていると、やっぱり喜んでもらえるんだなぁと実感しました。


人への贈り物でアレコレ困っている方は、ひとまず素直にお金とブランドに頼ってはいかがでしょう?とても喜ばれるかもしれませんよ。