スポンサーリンク

相談するはずが聞き役になっていた…。気付けば自分の話を踏み台にされていたお話

目を見開いている猫考える

こんにちは、ルレムラ(@luremura)です。

「誰だって人の話を聞くよりも自分の話を聞いてほしい」シリーズ第二弾。

私が過去に出会った人々の中から、「自分の話を聞いてほしい」感の強かった人のお話をしていきます。

今回は「こっちの話を踏み台にして、いつの間にか私が聞き役に回っていた」お話です。

前回の「縁を切った友人」の話はこちら。

仲が良かったけど縁を切った友人のお話。相手の話はちゃんと聞こう
こんにちは、ルレムラ(@luremura)です。 いきなり重い話をして申し訳ないんですが、仲の良かった友人と縁を切ったことありますか? 私は「話を聞いてもらえない」というより、「話を聞くときにいい加減な態度をされていた」ことがき...

では行きましょう!

誰かに話を聞いてもらいたかったので友人に連絡

f:id:lurem:20191023162233j:plain

いきさつをお話ししておくと、私は派遣社員時代にいきなりクビを宣告され、ショックとストレスで片耳が聞こえにくくなったことがあります。(すぐ治った。)

↓このときですね。

www.lure-tashoku.net

で、不安になるとやはり誰かに話を聞いてもらいたくなるもの。このとき、信頼できる誰かに話を聞いてもらいたかった。

「ただただ私の話を聞いてなぐさめて」もらいたかったのですね。

このとき、「信頼できる人=何かと連絡をくれたり誘ってくれる人」で浮かんだのが、友人の「ほんわかさん(仮名)」でした。

「ほんわかさんなら私の話を聞いてくれるはず!」と連絡を取り、後日カフェで話を聞いてもらうことにしたのでした。

しかし、これが間違いのはじまりだった…

スポンサーリンク

信頼できる友人に話を聞いてもらうことに

f:id:lurem:20191023162306j:plain

ここで今回の話の主人公、友人のほんわかさんについて簡単に説明。

ほんわかさんは元々私の友人の友人で、ひょんなことから知り合って仲良くさせてもらっていました。

ほんわかさんの印象をまとめるとこんな感じ。

  • 私よりも少しお姉さん
  • 女の子らしくほんわかした印象
  • ときどきイベントなどに誘ってくれる
  • おしゃれさん(古い言い方で森ガール的な感じ)
  • よくしゃべる
  • 顔が広い
  • スピリチュアルなものが好き
  • フットワークが軽い
  • 精神的にやや不安定なところがある
  • 会話がフワフワしている(論理的なことは苦手?)

私にとってのほんわかさんの一番の魅力は、分け隔てのなさやフットワークの軽さでした。

知り合ったその日に私をイベントに誘ってくれたので、「あっしみてぇな人間を誘ってくれるでやんすか!」と評価爆上がりだったわけですよ。(自分から誘えない人間なので)

さて、カフェで久々に会ったほんわかさん。こちらの話を聞いてもらおうとしたのですが…、私は、

 

完っ全に話を聞いてもらう相手を間違えていた

 

のです。

相手の話を踏み台にして、自分の話をはじめた友人

友人であるほんわかさん。こちらがいきさつを話しはじめたまではよかった。

しかし…

早々にこちらの話を踏み台にして、過去の自分の苦労話をはじめたのです。

 

(あれ?なんか雲行きあやしくなってきた…?)

 

このときの流れを言うと、

「私のほうが大変な過去がある。ルレムラちゃんの苦労はそんなに大したことないよ」

「だから私の話を聞いて」

 

こんな感じ。

 

おいおい、話ちゃんと聞いてもらえてねぇよ…!!

 

ほんわかさんは、不幸自慢のつもりはなかったのでしょう。でも結果的に不幸自慢になっていました。

もちろん上のとおりに言ったのではありません。しかし、こちらの話を踏み谷されてしまった以上、そう受け取られかねない流れでした。

ほんわかさん本人は、これ、無意識にやっています。

だから、本人に伝えても当然否定します。(実際に、後日ほんわかさんに伝えるとまったく覚えていなかった)

 

さて、「この人には話を受け止めてもらえない…」と悟った私。

その後は、ほんわかさんの苦労話に相槌を打ち、驚き、話を促すという、ほぼ聞き役に徹しておりました。

しかも、同じ話を何度も何度も繰り返していたなぁ…

で、最終的に「うん、そうだね、私の苦労は大したことないね。私もほんわかさんのように頑張るよ」と、帰宅したのでした。

(蛇足の脱線)心のキャパは人によって違う

こんなふうに「私(俺)のほうが苦労大きい・大変な思いをしているから、お前は我慢しろ・お前は大したことない」という人。

こういう人たちは、キャパが大きいうえに、多少の困難があってもきちんと生きていける人たちでしょう。

そして、この人たちはこの人たちできっと、親や周りから同じようなことを言われて、自分が傷ついたことを次第に「大したことないんだ」と思うようになったのかもしれない。

しかし実際、傷はしっかり残っているわけで。

なので、私のようにキャパが少なく、神経質で弱い人間が、すぐに傷付いてオロオロして、あっさり弱音を吐いているのを見ると、内心どこか腹が立っているのかもしれない。

「私だって弱音吐きたいのに、先に弱音吐いてズルい!」みたいな。

しかしですね、人によってキャパって違うし、感じ方も人生経験だって違うんですよ…

帰宅後、友人のLINEを見て閉口

f:id:lurem:20191023162216j:plain

さて、この出来事の帰宅後、ほんわかさんからLINEが来ます。

内容は「ルレムラちゃんと話ができたおかげで、自分の考えが整頓できたよ♪」というものでした。

 

…あれ?私が話を聞いてもらおうと思っていたのに、私がほんわかさんの聞き役になっていた??

 

私はこのときはじめて、相談するはずが、自分が聞き役になってしまっていたことに気付きます。

ほんわかさん、どういう気持ちでこのメッセージを送ってきたのかな。

このとき、私は自分のモヤモヤの正体がわかりませんでした。正確に言えば、モヤモヤに気付いていたくせに、気付かないふりをしました。

なぜモヤモヤをスルーしたのかというと、友人であるほんわかさんに、不満と怒りを認めてしまうからです。

このときのコアラさんと同じで、「友達にそんな悪い感情を持っちゃだめ」と抑えてしまったのですね。

www.lure-tashoku.net

もうね、完全に人選ミスでした…

 

そのLINEを見た後、私は「話を聞いてくれてありがとう♪」と、本音とは裏腹なメッセージを返したのでした。

結論「相談相手はよく選ぼう。でないと話を踏み台にされる可能性がある」

このときのほんわかさんで学んだのが、

 

「相談相手はよく選ぶこと。でないと話を踏み台にされる可能性がある」

 

自分がつらいときにコレされると、本当にイラっとします…!

ほんわかさんの聞き役になれる人は、余程時間がある人か、自我が少ない人でしょう。

相手が「つらい」と言っているときは、傾聴に徹しようね!

 

 

後日、こうなりました…↓

友人に「怒り・不満」を出せますか?怒りは相手を選ぶと思った話
大事な友人に「怒り・不満」って出せますか?自分に何かと良くしてくれたり、いろんな話のできる友人に対してです。私は、友人に怒りと不満を出して人間関係を破綻させてしまいました。今回は、友人に怒りや不満を出すときは人を選ぶ話を書きます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました