心に多色礼讃

唯一無二の大したことないことを胸に

医師のつくった「頭のよさ」テスト感想【後編】「聴覚&音タイプ」がダメ。色々考察してみた

医師のつくった「頭のよさ」テスト 認知特性から見た6つのパターン (光文社新書)


こんにちは、ルレムラ(@luremura)です。


医師のつくった「頭のよさ」テストの感想文、後編です。


後編は、私がもっとも点数の低かった「6.聴覚優位者・聴覚&音タイプ」にまつわる、「音痴と空間処理能力」「モノマネ」を考察した内容になっています。



前編はコチラ。タイプ別の認知特性や自分の優位認知特性について触れました。
www.lure-tashoku.net


ちなみに私の優位特性は「言語映像タイプ」でしたよ!



医師のつくった「頭のよさ」テストの本書はコチラ。



医師のつくった「頭のよさ」テストでわかった私の苦手な「聴覚&音タイプ」

f:id:lurem:20171012202641j:plain


私の場合、他の特性のチェックテストで大体普通が多かったんですが、とくに点数がひどかったのは「6.聴覚優位者・聴覚&音タイプ」でした。THE・音楽家はこのタイプだそうな。


実際に私、めちゃめちゃ音感が悪いんですよ。でも歌うのは好きなんです。ひどい矛盾。


歌うと半音ずれたり、ボイストレーニングの先生から「4分の1くらいずれてる」と言われることも。


でも、私は音痴というとちょっと違うみたいでして、ボイストレーニングの先生曰く「こういう風に半音ズレるって人ってたくさんいるから、訓練したら直るよ」とのこと。


どうも、私のようなタイプの音痴の場合、曲を歌うと「バッチリはまっているとき」と「そうでないとき」との落差が大きいようで。


「はまっているとき」「そうでないとき」の2曲を聴いた人から、「違う人が歌っているようにしか聴こえない」と言われたこともあるほど。


それほど、良いときと悪いときの差が激しいようです…。

苦手な認知特性から考えた、音痴と空間処理の関係性

ふと、この苦手な「聴覚&音タイプ」で思い出したのが、音感と空間処理能力の関係性でした。


というのも、以前当ブログでも登場した「脳には妙なクセがある」

こちらの本には、「音痴の人は空間処理能力が低い」と言及されています。


本書の内容で興味深いのは、

  • 音痴は遺伝の影響が強い
  • 音痴のデータ数を見ると、半数以上は女性
  • オーケストラ楽団員たちは空間処理能力が高い

ということでした。


男性が一般的に空間処理能力が高いのは有名な話。


音痴の半数以上は女性とのことですが、数学的知覚と音楽的知覚を感じる脳の分野が重なっていると考察されており、数学(空間処理能力)が得意な男性は、おのずと音楽でも音痴が少ないというわけなのですね。


実際、私はバックの駐車が苦手。あと、数学の才能もゼロ。


高校1年生の1学期のテストで赤点を採ったことがありました。なので、この音楽と数学の関係性、かなり納得の内容なのですね。

「聴覚&音タイプ」だからって「モノマネ」も得意なのか?

ただですね、私、「6.聴覚優位者・聴覚&音タイプ」の解説で、読んでいてちょっと気になる点がありました。


というのも、「6.聴覚優位者・聴覚&音タイプ」は、「医師のつくった~」の本書の方で「モノマネが得意」となっているんですよ。

(脳内に入力された)音を、自分の声として発生(出力)できる人もいて、知り合いの人の話し声、動物の鳴き声など聞いた音をそのまま再現できます。


(医師のつくった「頭のよさ」テストより引用)


要するに、 医師のつくった「頭のよさ」テストでは「話し声も音楽的に捉えて」書かれてあるんですね。


さて、ここで音痴の私の登場です。


私、歌を聞いた時にまずその人の歌い方のマネから入りますし、人のしゃべり方とかちょいちょいモノマネをすることがあるんですね。「似てる」と言われることもあります(精度の差はどうであれ…)。


なので、 医師のつくった「頭のよさ」テストで語られている「6.聴覚優位者・聴覚&音タイプ」=「モノマネが得意」は、ちょっと違うんじゃないかなとギモンフ


に対して、「脳には妙なクセがある」では、

音痴は感覚器の機能不全ではありません。
(中略)
つまり、音そのものは正常に処理されています。
(中略)
実際、音痴の人でも、会話で語尾の音程を微調節し、「もう終わりました(断定形)」と「もう終わりました?(疑問形)」の微妙な違いを言い分けることができます


こうしたことから、おなじ発声であっても、歌と言語ではまったく異なる能力を活用していることがわかります。


(「脳には妙なクセがある」より引用)

と、医師のつくった「頭のよさ」テストと、声を聞くことについて、全く逆の指摘がされています。


うん、私の経験上、これは「脳には妙なクセがある」の方が正しいんじゃないかと思う。


実際、人の脳には、モノマネをすることで技術が発達していく機能が備わっています。


「音として捉えるか」「言葉として捉えるか」でまた異なるのでしょう。


あと、今思ったのが、母語以外の言葉を習得するときって、はじめの時点でまだ「言葉として捉えてない(正確には捉えられない状態)」なので、「音として捉える力が高い人」が有利なんじゃないかな。


なので、語学ですぐに母語以外の言葉をしゃべれるようになる人こそ、 医師のつくった「頭のよさ」テストで語られている、「聴覚&音タイプ」が優位なんじゃないかなと思います。あくまで推測だけどね。


とまあ、とにかく、医師のつくった「頭のよさ」テストでの人物の形態模写や歌のモノマネに関しては、「聴覚&音タイプ」=優位 で、片付けてしまうのはちょっと早合点なのではーと思いましたね。

脳の認知特性は人の個性

さてさて、この認知特性の違い、簡単に言うと脳の違いです。


一人一人個性があるというのは、物事の捉え方が違うということ。脳のインプットに使う経路が異なれば、アウトプットも当然違う。


何かと話に上がる発達障害も、大きく見れば脳の個性であると言われてますよね。


私も、とある感覚が障害の一種なんじゃないかと苦しめられていた時期があったんですが、本書の 医師のつくった「頭のよさ」テストのように、「脳が違うから当然なんだ」と捉えるようになってから、大分救われました。


私の経験上、この特性の点数のバラツキが大きい人ほど、より個性的であったり不器用な生き方をしているんじゃないかと推測。


実際に、波乱万丈な生き方をしている友人に本書のテストをやってもらったところ、かなりバラツキが大きかったです。


でも、彼女は得点の大きかった項目で活躍するまでになりました。他の部分が劣っていると、おのずと他の優性部分が発達せざるを得なくなるんじゃないでしょうかね。


個人的に、物を教えたり人を教育する立場の人は、この本を読んでほしいなぁと思います。子育てをする親にも読んでほしい。


どこかで見たレビューに、実際の知能指数、いわゆる「本当の意味での頭の良さ」とは違うと書かれてあったような気がするんですが、確かにノーベル物理学賞とか、大学で主席を取ってしまう、脳そのものの知能指数をはかれるのか?と訊かれると違うような気がしますね。


ただ、こういう「認知特性」に焦点を当てる本が登場しているということは、それまで一つの観点からしか見られなかった脳の尺度が、多方面から捉えられるようになってきたのだとといえます。


今後の教育形態や企業教育形態にも、こういう考え化がどんどん浸透していけばいいな。


なんなら私は、こういう本を通じて、子供が自分に自信を持って、この国を豊かにしていってほしいな~なんて考えてしまいましたよ。


願わくば、こういう認知特性の違いだけで、学校の先生や自分の親から「バカだ」って言われて怒鳴られて人知れず傷付く子がいなくなってほしいものです。と、経験者は語る…。



読んでいただきありがとうございました。




他にもある本の感想。「ブログ飯」の感想を書きました。熱量を感じる本です。

www.lure-tashoku.net