スポンサーリンク

【ライブ中に眠くなる】ライブで眠気に襲われたりぼーっとする件について

アイキャッチ 考える

こんにちは、ルレムラ(@luremura)です。

ライブといえば「盛り上がる」イメージがあるんじゃないでしょうか?

しかし私は、ライブ中にもかかわらず、眠気に襲われたり、ぼーっとしてしまうことがあります。ワクワクして行ったにも関わらず!

実際に、とある有名アーティストのライブ中に、うっかり眠っていたことがありました。

楽しみで行ったのに、「なんで眠たくなっちゃったんだろう?」と、自分でも不思議で仕方がなかったのですよね…。

というわけで今回は、ライブ中に眠ってしまったときのお話と、なぜ眠ってしまったのか?というお話です。

【ライブ中に眠ってしまった】好きな大物アーティストのライブに行ったときのこと

ライブ会場のマイク

ライブ中に眠ってしまったいきさつをお話ししましょう。

かれこれ10年以上前のこと、私が20代のころとある大物アーティストのライブに行きました。

ちなみに、その方はお父様が高知に所縁があります。タモリさんと仲のいいあの人…といえばわかるかも

私はそのころ、母の影響でこの方が好きになっておりまして、ライブに申し込んだところ、運よくチケットが取れたのでした。

ファンは年齢層高めで、座って聴くスタイル

当日、私は意気揚々と会場に赴き、ライブがはじまるまで席で待っておりました。

ファンの年齢層は高め。落ち着いた雰囲気の方ばかり。20代でしかも一人だけで来ている女性は私だけ。傍から見れば物好きに見えたかもしれません。

さて、そんなこんなでワクワクして待っていたところ、ついにライブ開始。

ここで一つジェネレーションギャップが発生…誰も立とうとしないのです。

「ライブ=立って観るもの」のイメージのあった私としては、かなり新鮮でした。

年齢層が上だし、ガンガン鳴らすタイプの音楽じゃないからかな

と納得。(でも最後のアンコールのときは、みんな立っておりました。)

というわけで、周りに合わせて私も座ってライブを楽しむことにしたのでした。

スポンサーリンク

気付くと眠たくなって…ライブ中に眠っていた

選択かごで眠る猫

しかしライブも中盤に差し掛かったところ、事件は起きます。

落ち着いた曲の雰囲気、暗いライブ会場、そして座って観ていたこともあり、なんとなーくゆったりした感じになって…

 

気付けば眠っていた。

 

どのくらい眠っていたのかは不明。数十秒、数分かもしれません。

はっ!と気付いたときには、めちゃめちゃ焦りました。

周囲に寝ていたことがバレたらどうしよう!と、そっちが気になっちゃいまして。

同時に「なんで眠っちゃったんだろう?」と、自分でも不思議に思ったものです。

こんな私の失態をよそに無事にライブは終了。席はステージから離れたところだったので、アーティストご本人にもバレてない…と信じている。

○上○水さん、すみませんでした…

今までも、ライブ中にぼーっとした瞬間があった

実は私、過去に行った有名アーティストのライブや演劇などでも、気付けば眠っていたり、ぼーっとしていた瞬間が何度かあります。

あと私と同じように、ライブ中に居眠りしているお客さんを見かけることがあった…!

演劇で寝ていたときは、誘ってくれた友人が

ルレムラちゃん、途中から寝ていたね…

と、あきれていました。ホント申し訳ない。

そもそも楽しみで行ったライブなのに、なんで眠くなったりぼーっとしてしまったんでしょうか?

「ライブに飽きるから眠くなるんじゃないか」説

夏の暑さにだらけるクマ

楽しみで行ったライブなのに眠くなる理由、おそらくここまで読んでくださった方の中には、

どうせ二酸化炭素濃度の問題じゃないの?

と、思われた方もいるはず。参考にこちらをどうぞ。

『観劇で寝ちゃう人』はつまらないからではなく“二酸化炭素濃度”が原因の“気絶”に近い状態になっているかららしい?「ライブとか映画館でもなる」
なるほど…!午後の会議が辛いのはこれか(たぶん昼食後の血糖値のせいもあるだろうけど)

一カ所に人が集まることで酸素濃度が下がり、脳に取り込める酸素が下がってしまうというもの。それによって眠気が引き起こされる原理です。

あくびと同じですね。確かにそれも一理あるかなと思います。

しかし私の場合、身も蓋もなくて本当に申し訳ないのですが…

 

正直、ライブに飽きてしまうのだな…と感じました(すみません)。

 

集中力が続かなくなるのです

そもそもライブって、アーティストの登場前~登場が一番脳内のドーパミン(興奮物質)が最高潮に達していませんか?

でも次第に、憧れのアーティストが目の前にいる事実に慣れていき、その音楽の中に自分がいることにも慣れていく。

しかも、違う曲になっても曲調やアーティストの声って似てますから、変化も感じなくなり、結局飽きてしまい、はじめの興奮の落差もあって眠くなるのかと。

そう考えると、ライブの演出やアーティスト本人によるトークで変化を付けることって、かなり大事なんだと実感。

特に私のように集中力がなくて体力がないと、ライブ中に眠くなってしまう、ぼーっとしてしまう傾向が強いのかも

「観て聴いてないと!」と思ってしまう

あと私の場合、ライブに対して「観て聴いてないと!楽しんでいないと!」という義務感が強いのかもしれません。

アーティストのライブ動画って、お客さんみんな「楽しい~!」って見えるんですよね。あの先入観があるので、「ライブ=退屈なわけない!」みたいに思ってしまう。

だからなのか、私はかえって、本当に入り込んで楽しんでる人よりも、入り込みが浅いのかもしれません。

まぁよくよく考えたら、1時間も2時間も人がパフォーマンスしている様子をずっと集中して観ていられるって…そっちのほうがすごい気がする

私でも集中できるであろうライブもある!

こんな私ですが、おそらく生で見ていたら一番集中できたんじゃないかと思うライブもあります。それはQueenのLive Aid!(動画は一部のみ)

この曲構成にフレディのパフォーマンスと、もう最高よ…!

すべてのライブの理想が詰まっているんじゃないでしょうか。

10年以上前にニコニコ動画ではじめてこのライブを見たときも、一気に引き込まれましたもん。

こんな高いパフォーマンス20分だけなら、私でも集中して観れた自信があります。

ちなみにBohemian Rhapsodyと私のエピソードはこちらをどうぞ。

(補足)かの有名音楽家もライブで3曲くらい聴くと飽きるらしい

ミキサーをねじねじするDJ

ちなみにYouTubeで見た動画にて、Perfumeのプロデューサーでもある、中田ヤスタカ氏もこんなことを言っておりました。

どんなにすごく好きなアーティストでも、ライブで3曲くらいで飽きる

勝手に「同士だ!」と思っちゃいましたよ。

もちろん中田さんの「飽きる」とは、素人のいうそれとまた違います。

音楽家なので、曲をどうしても「聴く側」じゃなくて「作る側」視点になってしまうから、という主旨だったのですが。

私もライブを観ていると、「これって聴いているより、自分が歌ったほうが楽しくない?」と感じることがある。なので中田さんの発言もちょっと分かる気がする。

根本には「踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損々」があるのかもしれない。

実は、作るほう、生み出すほうがもっと楽しいのよね。それならきっと、ライブは眠くならないんじゃないでしょうか。

ライブで眠くなってもライブに行きたい目的

このように、ライブに行くと眠くなったりぼーっとする私。ライブは歌を聴きに行くというより、

「アーティスト本人を見たい」が、目的としていいかもしれないと思うようになりました。やっぱり生で見たいアーティストっていますからね~。

宇多田ヒカルとか諸事情で行けなかったからね!いつか絶対生で見たい!

そのときの話はこちら。

大好きな友人に嫉妬してしまった出来事。不幸なときは人の幸せ話を聞くな!
うまくいっている人の話を聞いて、自分と比べて落ちこんだり、あるいは嫉妬心を抱いてそんな自分に驚くことってありませんか?今回は、「幸福感が低いときは友人の幸せ話を聞いてはならないとわかった話」です。

あと悲しいことに、生でライブを観に行くと、耳がふぁんふぁんするんですよ…録音だとちゃんとした音なのにね。

歌や演奏を噛みしめたいなら、ライブに行くんじゃなくて映像で観たほうがいいかもしれない。

 

以上、ライブ中に眠ってしまったときのお話と、なぜ眠ってしまったのか?のお話でした~。

いつか眠くならないライブに行ってみたいな!

コメント

タイトルとURLをコピーしました