スポンサーリンク

スカートをはくのが恥ずかしい女は、いつかスカートをはけるのだろうか?

スカート考える

こんにちは、ルレムラ(@luremura)です。

女性の皆様、スカートははきますか?特定の国や人を除けば、スカートをはけるのは、女性に許された特権ですよね。

今回は、私のスカートをはくのが恥ずかしくなった話と、スカートにまつわる自意識についてのお話です。

デートにデニムをはいて行ってガッカリさせた女

その昔、男性とはじめてデートをしたときのこと。

私は、全く服装のことを考えず「動きやすい恰好」で待ち合わせ場所に行きました。

その時の私の服装です。

  • グレーのTシャツと黒のロンTの重ね着
  • ネイビーのデニム
  • ネイビーのスリッポン

今振り返っても、なかなかヒドイもんです。

全体的に暗めのトーン、女性らしさのかけらもない恰好。

もしタイムマシンに乗れるのなら、このオナゴのところに詰め寄って訊きたい。

「貴様ァッ!デートをなめてるのかァッ!!」と。

相手の男性はそんな私の姿を見るなり、ためらいがちに一言。

「…スカート、はかないの?」

私はこのとき、自分が何か大きなミスをしたのではないかと、うっすら気付いたのですが、それを力技でねじ伏せました。

それからしばらく経ち、私の耳にも世の様々な情報が入ってくるようになった頃、

「そうか、男性はスカートに女性らしさを感じるものなのか…」

ようやく相手の男性が何を求めていたのか気付きました(遅

私がどんなにパンツスタイルが好きであっても、服装で喜ばせる気遣いがないのは相手にも失礼でしょう。全体的に暗いトーンでデートに行ったということも含めて。

「…アレ?失敗した?」

気付いたときは後の祭りでした(ご想像にお任せします)。

スカートが恥ずかしくなったのは

f:id:lurem:20171001145039j:plain

その後も、デートの度に「スカートをはかないと!」と思っていても、パンツスタイルのままでした。

ここで本題。なんで男性とのデートにスカートをはいて行かなかったのか。

はくのが恥ずかしいからです。

結局、普段からスカートをはく習慣がないですし、パンツの方が慣れてて楽ちんなのです。

果たして、いつからこうなったんでしょう?

自分史を探ってみました。

幼い頃はスカート好きで恥ずかしくなかった

保育園児の頃、写真を見ると、ヒラヒラのスカートばかりはいていますし、むしろパンツスタイルが嫌だった記憶があります。

この頃は、スカートをはくことに全く抵抗がありませんでした。

スカートに芽生える自意識

時が経ち、小学高学年の頃のことです。

その頃って、来たる中学生の黒歴史思春期に突入するにあたり、妙な自意識が芽生えませんか?

自意識、それはときとして余計なもの…

私はこのとき芽生えた自意識に負けてしまい、自分の見た目に敏感になってしまいました。

やがてそれは「私がスカートなんてはいていたら周りに笑われるのではないか」という意識に変わっていきました。

この頃、服装も完全にパンツスタイルにシフトチェンジしたのでした。

制服のスカートも恥ずかしくて嫌

自意識に引きずられたオナゴは、そのまま中学、高校の制服を着ることになります。

周りの女の子が文句も言わずにスカートをはいているのに、私は「スカートはくの嫌なのに、どうして女はスカートをはかなくてはいけないんだろう?」と思っていました。

ヒラヒラ、スースーするスカートが嫌になっていました。この時の影響で、就職活動の時のスーツもほぼパンツスタイルでした。

スカートが恥ずかしい=「似合わない」自意識

最終的に、自分の利便性にそぐわなかったためにスカートをはかなくなっていましたが、自意識を掘り下げていくと、見えてきたものがありました。

それは、

「女性らしい恰好が似合わない私」
     ↓
「私にスカートは似合わない」
     ↓
「私がスカートをはいているのを見て人はどう思うだろう」
     ↓
「恥ずかしいし怖い」
     ↓
「スカートは恥ずかしくて怖い。でも、パンツなら恥ずかしくないし怖くない。さらに、ラクだし動きやすいからいい」

     

(なんで「女性らしい恰好が似合わない私」になってしまったのかは、また別のお話になってしまうので割愛。)

ところで、あらためて自意識ってなぁに?

自分自身についての意識。周囲と区別された自分についての意識。自己意識。(goo辞書より)

私は この意味を読んで、自意識とは、外から自分を見たときの、

「自分と外界を分けるときに生まれる意識。形。」

「自分が自分自身に「こういうもの」と思い込ませているもの。」

と、解釈しました。

「女性らしい恰好が似合わない私」による、思い込みが見えてきました。

「スカートが恥ずかしい」への、思い込みのフタが外れる

きっかけは、氷解のごとくでした。

年頃になると、それでも周りの女の子たちに合わせて、私も女性らしい恰好をしようと奮闘をはじめます。

と言うより、それまで全くオシャレの技術を磨いていなかったので、さも「私もおしゃれができるようになりましたよ」と背伸びをはじめたのですね。

マスカラのエピソードや、

www.lure-tashoku.net


ピアスのエピソードですね。

www.lure-tashoku.net

ちなみに本音を言うと、私がお化粧とか服飾関係の記事を扱うことに、いまだに違和感があります(汗

私は技術を磨こうとしつつ、内心「女性らしい恰好が似合わない」と思い込んでいたので、いつ人から笑われるものかと、内心ビクビクしていました。

でも、私の恐れに反して誰も笑ったりしませんでした。

私は、自分が「太っている」とか「醜い」とも思い込んでいたのですが、いざちゃんと見た鏡の中の自分は、特別太っているわけでもなく、醜いわけでもなく、普通の姿をしていました。

「ひょっとして『女性らしい恰好が似合わない』ことない」のかなと、次第に思うようになります。

それからまた数年を要しますが、自分の外見をもっと客観的に見れるようになった頃「私は女性なのだから、女性らしい恰好をしても、誰からも文句は言われないんだ」と気付きました。

ごく当たり前の事なんですが、ここまでたどり着くのに人の倍時間がかかりました。

結果的に、背伸びしておしゃれをしようとして、その過程で色々気付いたのが良かった。

まさに、これらの気付きは氷が解けていくようで、興味深かったです。

スカートへの憧れが芽生えてもいい

f:id:lurem:20171001145024j:plain

女性らしい恰好をしてもいい、誰にも笑われないのだと気付くと、自然とスカートにも憧れるようになっていきました。

理想はオードリー・ヘップバーンのようなふんわりミモレ丈のスカートと、ヒールの靴を履いた女性。

ただ、今も感覚としては「私という人間が女性の恰好をして楽しんでもいいんだ」が正しいのかもしれません。

女性の恰好をあくまでコスプレとして、外側から私を見ている感覚に近いです。

なぜなら、パンツスタイルがやっぱりラクだし、好きだから。

でも、別に女性らしい恰好に憧れても、全く構わないわけです。スカートをはいて外に出て行っても良いんです。

いつかスカートが恥ずかしくなくなる日を夢見て

スカートをはく以上、ストッキングをはく習慣も身に付けなくてはいけませんね(汗

夏場は厳しくて無理ですが、秋から冬にかけて、意識してスカートをはいていきたいもの。

デートでなくても、スカートを日常的にさらりとはけるようになること。

いつか、服装を誉められる女性になりたいですね…。

読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました