スポンサーリンク

【失敗談】職場の優秀な人を怒らせてしまった話1(急にぶちぎれた)

アイキャッチ・追い詰める男性考える

こんにちは、ルレムラ(@luremura)です。

いきなりですが私、これまでに多数の失敗をしてきております。ここには書けない失敗もあります。まぁ、生きていたらみんな失敗の一つや二つあるよね。

代表的な失敗談として、「人を怒らせたこと」も。ええ、出来の悪い人間ですから、それはそれはたくさんございます。

そうさ、アタイは人に怒りを抱くこともたくさんあるし、人を怒らせたこともたくさんある人間なのさ…。

↓こんな話書いてますが、「他人への怒り=他人からも怒られる」って、けっこう同等なんじゃないかと思う。

友人に「怒り・不満」を出せますか?怒りは相手を選ぶと思った話
大事な友人に「怒り・不満」って出せますか?自分に何かと良くしてくれたり、いろんな話のできる友人に対してです。私は、友人に怒りと不満を出して人間関係を破綻させてしまいました。今回は、友人に怒りや不満を出すときは人を選ぶ話を書きます。

というわけで、今回は勤め人時代の思い出話から、職場の優秀な人を怒らせてしまったお話を書きます。

場所が特定されるのを避けるため、所々フェイクを交ぜています

【いきさつ】とある会社に契約社員のような位置で勤めていた

事務所

いきさつを話しておくと、私はかつてある会社に期間限定の契約社員みたいな位置付け(どんな位置付け?)で勤めていたことがありました。

人生3つ目の職場となったところでして、事務と雑用をこなしておりました。

当時、20代後半だったのですが、事務所内で私が一番若かったのですよ。

この職場、まぁ一言で言うならかなり特殊なところ。クセの強い人々が集まっていましたね~。

だいたい地方の中小企業はクセの強い人が多い

しかし、正社員でもありませんでしたし、当時一番若かった私。ありがたいことに、それなりにかわいがってもらっていたように思えます。

スポンサーリンク

【怒らせた相手】話しやすくて優秀・有能・弁の立つ人

スーツを着た男性

はい、ここで今回の主人公、私が怒らせてしまった白パンさん(仮名)の登場です。白パンさんは当時40代後半の男性。

なんで白パンなのかというと、高知の片田舎で白のパンツ(下着じゃなくて服のほう)をはいている中年男性を見たのは、はじめてでしたので。

白パンさんは外部の人だったのですが、その会社と長きにわたってかかわりがありました。しかも、会社にとって非常に重要な位置の人だったのですね。

ちなみに、とある界隈でも有名人。世間的にも評価の高い方です。

そんな白パンさんのはじめの印象はこんな感じ。総じて優秀・有能でした。

  • 頭の回転が速い
  • 知識量が多い
  • 弁が立つ
  • 話しやすい

後からわかるんですが、縁を切った友人の庚さんと似たところのある人でした。

仲が良かったけど縁を切った友人のお話。相手の話はちゃんと聞こう
こんにちは、ルレムラ(@luremura)です。 いきなり重い話をして申し訳ないんですが、仲の良かった友人と縁を切ったことありますか? 私は「話を聞いてもらえない」というより、「話を聞くときにいい加減な態度をされていた」ことがき...

さて、私と白パンさんは、「同じ空間で壁一枚隔てて、違う仕事をする」という、かなり特殊な仕事をしておりました(どんな仕事よ)。

白パンさんは、自分の個室のようなものも持っていましたが、仕事の合間に、よく雑談する機会があったのですね。

と、冒頭でも言いましたが、私の勤めていたこの会社、本当にクセの強い人々がゴロゴロいましてね…。

そんなわけですから、歪んだ人間関係があちこちで勃発しておりました。今思えば私もその一部になってしまっていたなぁ…(懐

外部の人間である白パンさんも、「誰それがよくない」「ここの会社はロクなもんじゃない」など、私にも雑談で話しておりました。

はじめ、私が入って間もないころは、内部の事情を話してくれるのはありがたかったのですよね。人間関係を知っておく必要がありましたから。

しかしですね、この白パンさん、はじめこそ印象が良かったのですが、雑談や態度を通じて徐々に、

  • 神経質で怒りっぽい
  • 心地よくない二面性

であるとわかってきます。(具体的にはまた、次回次の次に触れようと思います。)

相手の怒りの前兆

たとえばあるとき、他の人のヘマで白パンさんの仕事に邪魔が入ったことがあったのですが、まぁ、すごく怒っていた。怒鳴っていた。

しかも、それを目撃したのは私一人だけだったのですよ。いやぁ、あれは怖かった…。

私も癇癪持ちではありますが、生命線細いタイプなので、周りに怒っている人がいるのは本当にしんどい。

しかも、この職場、こういう暴力的な人が多かったのですよね。

そんなこんなで、白パンさんは、「お話ししやすい人」から次第に「ピリピリした人」のイメージになっていったのでした。

怒られた後だから、なおさらこう感じるのかもしれませんが、それでも、怒られる少し前からピリピリしたイメージがつくようになっていました

その日、相手は急に怒った

追い詰める男性

さて、ここで私が白パンさんを怒らせたきっかけですよ。

その日、何が発火点だったのかもう覚えてないのですが、おそらく仕事で私がきちんとできていなかったことがあったのだと思います。

すると、白パンさん、それまで普通だったのに急にぶちぎれちゃいましてね…。

ぶちぎれる相手

 

「今回のこともそうだけど、この間の○○の件もきちんと覚えてなかったよね?どういうつもりなんだよっ!!?」

 

この調子で、仕事上の私の不備な点をまくし立てられまして。

何がつらいって、白パンさんの言ったことが正論だったことですよ。あぁ、もう本当にすみません。

そして、普段他の人に向いている刃物が、よもやこっちに向く日が来るとは思いもよらなんだ。

「ピリピリしている人」という認識はあったものの、話し上手で基本人当たりはよく、過去には談笑したり、本を貸してくれたこともありましたから。

しかし、安心しきっていたところを、切りつけられてしまいました。

…と、仕事のことなら、1万歩くらい譲ってまだよかった私(それでもいやですが)。

下っ端の分際で言い返す私

というのも、このとき白パンさんの舌鋒の中に、過去に私が冗談がてらに言ったことに対して、小馬鹿にする発言が混ざっていたのを私は聞き逃さなかった。

いやいや、それ今の怒りと全然関係ないやろ!

そのときあんた何も言わんと、談笑してたやないかーい!!

 

まぁとにかく、白パンさんからまくし立てられた直後は頭が真っ白激しい動機。

しかし、私も怒りっぽい人間ですから、怒りが湧いてきて、すぐに白パンさんに言い返したという(しかし、まったく上手に反論できてなかった)。

いや、本当に、下っ端の分際で、我ながらそんなことよくやるよ…と思います。

白パンさんも、まさか言い返してくるとは思っていなかったのか、やや面食らっていたのでした。

ちなみに、こういうことがあったので、相手の怒りで自分が否定されると、自分を守るために言い返す気持ちはよくわかる。

あぁ、お互い様よ。

友人に「怒り・不満」を出せますか?怒りは相手を選ぶと思った話
大事な友人に「怒り・不満」って出せますか?自分に何かと良くしてくれたり、いろんな話のできる友人に対してです。私は、友人に怒りと不満を出して人間関係を破綻させてしまいました。今回は、友人に怒りや不満を出すときは人を選ぶ話を書きます。

あれほど勢いよく切りつけられたのは後にも先にもない

今思えば、周囲に人がいなくて本当によかったなと思います。あれほど勢いよく切り付けられたのは、後にも先にもなかったので。

まぁ、別の職場で周囲に人がいるときに、怒られたり人格否定されたこともあったのですが。いまだ根深い。

白パンさんのお話、長くなっちゃったので次回に続きます~。

↓つづき。怒られた理由の考察です。

【失敗談】職場の優秀な人を怒らせてしまった話2(怒られた理由)
こんにちは、ルレムラ(@luremura)です。 前回の白パンさんのつづきです↓ 前回は、職場の優秀な人こと、「白パンさん(仮名)」を怒らせてしまったお話でした。 今回は、白パンさんが怒った本当の理由の考察です。 ...

↓白パンさんと似た部分を持つ人。というか、男性で自信家ってこういう人多い。

上司の言った「おまえは性格に問題がある」が嫌なことが起こるたびに思い出される
もはや世間に浸透した概念として「呪いの言葉」があります。誰しも、心を縛り付けられてしまった呪いの言葉があるのではないでしょうか?私にも、いまだ心を縛り付ける言葉があります。今回は、勤め人時代に上司から言われた言葉、「おまえは性格に問題がある」について書きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました