スポンサーリンク

友人に「怒り・不満」を出せますか?怒りは相手を選ぶと思った話

アイキャッチきゅうり怒る考える

こんにちは、ルレムラ(@luremura)です。

いきなりですが、大事な友人に怒り・不満って出せますか?それも、自分に何かと良くしてくれたり、いろんな話のできる友人に対してです。

実は私、数か月前に短期間で2つ人間関係が破綻してしまいまして。このサイトでも取り上げたことのある、プライベートでの友人です。

今回は、友人に対して怒りや不満を出すときは、相手を選ぶと思った話を書きます。

友人に怒り・不満を出して人間関係が破綻した

怒るきゅうり

のっけからお伝えしていますが、私は数か月前に友人に怒り・不満を出して、人間関係を破綻させています。しかも同じ月のうちに2つも

この記事と、

自分の話を聞いてほしい人々【友人の幸せ話は安易に聞いてはならぬ】
うまくいっている人の話を聞いて、自分と比べて落ちこんだり、あるいは嫉妬心を抱いてそんな自分に驚くことってありませんか?今回は、「幸福感が低いときは友人の幸せ話を聞いてはならないとわかった話」です。

この記事の友人です。

自分の話を聞いてほしい人々【相談するはずが聞き役になってた話】
こんにちは、ルレムラ(@luremura)です。「誰だって人の話を聞くよりも自分の話を聞いてほしい」シリーズ第二弾。私が過去に出会った人々の中から、「自分の話を聞いてほしい」感の強かった人のお話をしていきます。さて、今回するお話は「話を聞い

うーん、結局ダメでしたねぇ。

前者の「幸せ話は安易に聞いてはならぬ」の友人に関しては↓こんなことも書いていたのに。前向きになりたくて書いた。

友人への嫉妬は悪くない!自分の成長に活かしている対処法を解説
「大事な友人なのに、嫉妬心や嫌な感情を抱いてしまった」という経験ありませんか?「嫉妬心を抱くのは悪いことなのに」「大事な友人なのに嫌いになってしまった」など困りますよね。そんな嫉妬心を抱いてしまった場合に、私が実践している対処法をお伝えします。

これらの記事を書いてしばらくした後、後者の「相談するはずが聞き役になっていた」の友人のほうは、LINEのやり取りで溜め込んでいた怒りが爆発。

「幸せ話は安易に聞いてはならぬ」の友人のほうは、気まずくなっていたので、仲直りをしようとLINEを送ってやりとり。しかし、さらに踏み込んだ内容を送ったところ、拒否られる始末

両者とも、破綻は言い過ぎかな。大人の喧嘩というやつでしょうか。(喧嘩に大人も子どももないでしょうが。)

結局、私がぶちぎれて「もう、知らない!」と連絡先も抹消しちゃったのですね。

ここまで私がハッキリと、友人相手に怒りの感情をむき出しにしたことは、大人になってからありませんでした。

「怒り・不満を出す相手は、本当に選ぶなぁ…」と感じました。

スポンサーリンク

怒り・不満は普通「受け入れらない」もの。怒りを出したときの友人の反応

恨みがましい女性

こちらが出した怒り・不満に対して、友人2人の反応は、両者ともに「受け入れられない」でした。

こちらの「相談するはずが聞き役になっていた」の友人は「喰ってかかってくる」タイプ

  • 私にしたことに対して「そんなつもりでやったのではない」と否定
  • まずは謝らない
  • 私への不満も持ち出して「そっちも悪いんだから」アピール

LINEで一バトルした後、その後直に会ったときは一応「言ってくれてありがとう」と大人の対応をされたのですが、その後も別件でLINEにて一バトル。結局、破綻しました。

そりゃ、怒りというのは相手にしてみれば、後出しみたいなものだから、仕方がないといえる。

幸せ話は安易に聞いてはならぬ」の友人は、傷付いてしまうタイプ

  • 自分への不満に傷付いてしまう
  • 小さな不満に対しては、きちんと聞いてくれる
  • 私への不満も持ち出して「私も言わしてもらうけど…」アピール

いずれにしても、人間、普通は自分への怒り・不満なんて、素直に受け入れられないものなのですよ…!

普通は自分の悪いところなんて受け入れられない

そう、この友人2人の拒否反応、当然のことなんです。

伝え方はいろいろあるけど、人から「あなたのこういうところが嫌だ」って、言われるのって誰だってつらいですよね。面と向かってじゃなくても、それとなくにおわすだけでも。

だから、自分を守るために、食って掛かって来たり、拒否したりするんです。人間の防衛本能なんです。ちゃんと自我のある証拠。

だから、素直に相手の怒りや不満を受け入れるって、めちゃめちゃすごいことなんですよ。すごく大人。

私はこの友人2人の気持ちがとてもわかるし、むしろ、絶対同じ拒否反応をします。

そんなことをグルグル考えていると、

私の感じる怒りって、世間一般とズレてるのかな?

と、自分の感覚に疑いを持つように。

 

なので、大事な友人や良くしてくれる人ほど、怒りや不満を伝えられず蓄積

気付いたときには、風船のように大きく膨らんだ、怒り・不満を表に出すことになる。

なので私の場合、

 

怒りを表に出す

人間関係の破綻を覚悟

 

なのです。

爆発する前に、小出しでそれとなく怒りや不満を伝えるのも苦手。相手に上手に思いを伝えられる、気付かせることのできる人がうらやましいです

じゃあ、なんで友人に言おうと思ったのか?

こんな私がなぜ、友人に怒り・不満を言おうと思ったのかというと、この「縁を切った」友人のことがあったから↓

自分の話を聞いてほしい人々【縁を切った友人の話】
こんにちは、ルレムラ(@luremura)です。人と話をするときって、自分が話す方が多いですか?それとも聞き役に回る方?聞き役に回っているならともかく、話しているときに「話を聞いてもらえない」って、すごく寂しいですよね…。

この友人で唯一後悔が残ったのは、当時「本人に理由を告げずに去ったこと」。

しかし、この鼻っ柱の強い友人相手に、こちらの怒り・不満を伝えるとどうなっていたか?

おそらく、彼女は素直に受け入れず、大喧嘩になっていたでしょう。できれば喧嘩はしたくない。

そういう懸念もあり、本当のことを言うのはマズイと、彼女からフェードアウトして関係を断ちました。

しかし、この出来事から数年後、別の友人に対して怒り問題が再度浮上。

そこで、「一か八か、伝えてみよう」と思い、怒りと不満を伝えることにしたのですが、見事失敗したわけです。

「これで失敗したら、人間関係破綻するな…」と思っていたのですが、まさにそのとおりに。相手から拒否&人間関係も破綻のダブルパンチ。伝えても改善されなかった

怒り・不満は受け止めてくれそうな相手じゃないと関係が破綻する

スマホを持ってうなだれる女性

とまぁ、怒りと不満の感情の扱いは、取り扱い方を間違えると、人間関係が破綻します。

これまでの話を考えると、相手から怒りなどの負の感情をぶつけられる人というのは、良い言い方をすれば、

  • 信頼されている
  • 受け入れてくれると思われている

悪い言い方をすれば、

  • 下に見られている
  • 大事にされていない

と言えます。

以前Twitterでこんなつぶやきを見かけてリプしたのを思い出した。

リプではいい子ちゃんで優等生なこと書いている私

↑自分のつぶやきを見て思い出した。怒りや不満を出す相手って、受け入れてくれそうな人を選んでいるんですよね。

怒り・不満を出す相手と、自分の出し方を間違えたなと思います。

友人に怒り・不満を出せるのは、互いの器次第

友人は、立場が対等だからこそ、怒り・不満の感情の扱いが難しい。互いの器次第だと思います。

 

ああ、にしても、私としては我慢をしていてもつらいし、相手に伝えてもつらい。

余計な自我がなくなれば「なんでわかってくれないの?」と思うこともないのになぁ。

この記事でも、「『今の自分と合う人』との付き合いを優先」と書いていましたが、友人の枠よりも、知り合いと仲間の中間ぐらいが傷つかないのかも、と考える。

どんどん自分の変化を感じる今日この頃です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました