スポンサーリンク

無印のピンチハンガーはパーツ売りにも対応!劣化したので交換しました

無印良品のピンチ部品日用品

こんにちは、ルレムラ(@luremura)です。

以前紹介した無印のピンチハンガー。使いだして5年で、ついにピンチ部分に劣化がはじまりまして。先日、握った途端に粉々に砕ける事件が起こりました。

そこで、今回はピンチ部分を交換しましたので、写真付きでお伝えします。

無印良品では、パーツも交換できるよう細かく売られています。物を大事に使えるし、便利ですよ

【無印良品のピンチハンガー】12年前に購入、5年間の使用でついに砕ける

無印良品のピンチハンガー

こちらが今回交換する無印良品のピンチハンガー。2008年に購入するも半年で一旦お蔵入り。

その後、2015年に復活。以来、5年間ずっと外に出して使っておりました。

以前紹介した記事がこちら。

大きさは違いますが、こちらを使ってます。

ピンチ部分は、全体的に劣化が進んでおりまして、砕けた箇所は4カ所。

無印良品の欠けたピンチハンガー

こんな感じに欠けたりしていました。

取り外したピンチ

日にさらされてすっかり劣化したので、簡単に取れました。

アルミフレームの溝部分

ピンチ部分を外すと、アルミフレーム部分にがあります。ここにパーツを当てはめていきます。

スポンサーリンク

ピンチと補修用パーツをアルミフレームにはめていく

無印良品のピンチと補修パーツ

今回の交換で使うのはこちらのパーツ。すでに袋から出している分がありますが。

向かって左のピンチは、無印良品のお店で購入。ポリカーボネートに顔料を塗ったものです。

一方、向かって右は補修用パーツ。こちらは無印良品のお店に置いていなかったので、取り寄せてもらいました。確か3日くらいで来たと思います。

それぞれ、無印良品の公式サイトでも買えますよ。

ポリカーボネートピンチ | 無印良品
紫外線に強く、ヘルメットや航空機の窓に使われいるポリカーボネートを使用しています。アルミ角型ハンガーシリーズの替えピンチとしてもお使い頂けます。
【パーツ】アルミ角型ハンガー ポリカーボネート仕様用 補修パーツ | 無印良品
アルミ角型ハンガーの補修用パーツです。アルミ壁面ハンガーには使えません。ポリプロピレン製、ポリカーボネイト製いずれの仕様にもご使用頂けます。
ピンチが10個入りで150円、補修用パーツは5個1セット(部品によって予備含み、6個入っています)で170円でした。補修用パーツは、他のピンチ部分の数を踏まえて、2個セット(合計10個)買っておくことにしました。

 

取り出したピンチと補修パーツ

袋から取り出したパーツ。これらを使います。

 

先ほどのアルミフレームの溝っこに…

アルミフレームの溝部分

補修パーツをはめたところ

半リングのようなパーツをはめこみます。やや硬めなので、押し込むように入れました。

 

補修パーツをはめたところ

で、さらに他のパーツをはめます。

 

補修パーツをはめたところ

ピンチ部分もはめこみました。

 

古いピンチと新しいピンチの比較

完成!

白いピンチが、12年前からある劣化しているほう。透明なピンチが今回新たに取りつけたほうです。一目瞭然ですね。

ピンチを交換して完成!

古いピンチと新しいピンチの混ざったハンガー

劣化したピンチを交換し終わったピンチハンガーです。合計で4カ所交換しました。

他の劣化している箇所も、ピンチが砕けたら交換しようと思っています。

 

キレイな状態の古いピンチ

ちなみに、こちらは日光にさらさずに、部屋の中でずっと使い続けているピンチハンガーのピンチ。ちょっとわかりづらいですが、あまり劣化していないのがわかりますか?

 

半円型の無印良品のピンチハンガー

室内で使っているのが、こちらの半円型のピンチです。写真だとわかりづらいんですが、やっぱり室内のピンチハンガーは、ほぼ劣化知らず。

室内のピンチハンガーは、今後もピンチを交換する必要がないかも。

日光って、劣化が進みますからね~

無印のピンチハンガーって、ピンチ部分の寿命は約5年?

さて、今回交換した無印良品のピンチハンガーなのですが、

  • 2008年(12年前)に購入して半年で一旦お蔵入り
  • 2015年(5年前)に復活して外で使用
  • 2020年(今年)ピンチ部分の劣化が進行し、ついに交換

という経緯から、ピンチ部分の耐久は約5年間なのかな~と。

ただ、ピンチ部分の素材がポリカーボネートに変わっているので、(12年前の素材は不明)恐らく、もっと耐久性がアップしているかと。

今後は5年以上耐久してくれるものかと思います!

無印良品のピンチハンガーは交換もできるし、物を大事に使える

無印良品は一カ所がダメになっても、交換パーツがあるので便利ですね。物を大事に使える。

そうそう、タコの足が3年でダメになったこともツイートしていた。

100均で買った普通のプラスチック製のピンチも、まず5年ももたない。ピンチって劣化しやすいので、意外と交換している記憶があります。

耐久性もあるし、交換もできてゴミの少ない無印良品のピンチハンガー、おすすめです。

前回の無印良品のピンチハンガーの記事はこちら。

他の無印良品の記事もどうぞ!

ベルトは何色あればいい?色からベルトを考えてみました
こんにちは、ルレムラ(@luremura)です。 ベルトって選んで買ってますか?「持ってない」とか「意識したことない」方も多いんじゃないでしょうか? 私は、コーディネートを考える時、色と合わせて考えるのが好きです。その中でも、ベ...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました