スポンサーリンク

【失敗談】職場の優秀な人を怒らせてしまった話2(怒られた理由)

アイキャッチ考える

こんにちは、ルレムラ(@luremura)です。

前回の白パンさんのつづきです↓

【失敗談】職場の優秀な人を怒らせてしまった話1(急にぶちぎれた)
私、これまでに多数の失敗をしてきております。中でも「人を怒らせたこと」も多数。というわけで、勤め人時代の思い出話から、職場の優秀な人から怒られて舌鋒鋭く切りつけられてしまったお話です。今回は、実際に怒らせてしまったときのことを書きます。

前回は、職場の優秀な人こと、「白パンさん(仮名)」を怒らせてしまったお話でした。

今回は、白パンさんが怒った本当の理由の考察です。

相手が怒った本当の理由は、お株を奪ってしまったからじゃなかろうか?

指をさす男性

白パンさんが怒った本当の理由、先に結論からいうと、

「相手に語らせずに、私がお株を奪ってしまったから」

じゃなかろーかとにらんでいます。(お株を奪った内容はのちほど。)

というのも、前回の記事でも言っているんですが↓

【失敗談】職場の優秀な人を怒らせてしまった話1(急にぶちぎれた)
私、これまでに多数の失敗をしてきております。中でも「人を怒らせたこと」も多数。というわけで、勤め人時代の思い出話から、職場の優秀な人から怒られて舌鋒鋭く切りつけられてしまったお話です。今回は、実際に怒らせてしまったときのことを書きます。

本当にこの日ね、急に白パンさんぶちぎれたんですよ。それまでフツーにしていたのに。

後になって冷静に考えたとき、

白パンさんからしたら、私を怒るきっかけは、別に何でもよかったんじゃなかろーか…

と、思ったのですね。

スポンサーリンク

実は怒りを出すタイミングを待っていた?

待ち伏せするパトカー

白パンさんとしては、「怒りを出してもいい、社会的に真っ当な理由」を待っていたのではないかと考えています。

そりゃ、社会的立場が確立している人間として、自分の価値を下げる理不尽なことで怒れないですからねぇ(十分、理不尽な内容も含まれていたけど)

というのも、私もそうなのですが、相手への怒りが爆発するのは、蓄積…!

発火点なんて、些細なことでいいんです。

この友人の、

相談するはずが聞き役になっていた…。気付けば自分の話を踏み台にされていたお話
こんにちは、ルレムラ(@luremura)です。 「誰だって人の話を聞くよりも自分の話を聞いてほしい」シリーズ第二弾。 私が過去に出会った人々の中から、「自分の話を聞いてほしい」感の強かった人のお話をしていきます。 今回は...

この怒り。私も蓄積で怒りが爆発。

友人に「怒り・不満」を出せますか?怒りは相手を選ぶと思った話
大事な友人に「怒り・不満」って出せますか?自分に何かと良くしてくれたり、いろんな話のできる友人に対してです。私は、友人に怒りと不満を出して人間関係を破綻させてしまいました。今回は、友人に怒りや不満を出すときは人を選ぶ話を書きます。

もちろん、怒られたのには、私の「仕事ができない」も大きかったと思います(すみません)。

しかし、正直、私のやっていた仕事と、あの日怒られた内容って、がっつり白パンさんと関わっている内容ではなかったのですよ。

こんなことを書くと、「仕事ができていない言い訳だ」とか言われそうですが、白パンさんからすれば、全然放っておいても良いことだったのですよ。

ハッキリ言って、まくし立てて怒ることじゃなかった。

なので、あそこまで相手に怒るとなると、実はもっと別の要因があったんじゃないかと思ったわけです。

「語りたいことを語らせなかった」事件

二匹の猫

そして本題、「語りたいことを語らせずに、お株を奪ったってどういうことなの?」と思われた方、すみません、前置きが長くなりまして。

というのが↓私は、白パンさんとこんな感じの会話を何度かしておりました。

 

ルレムラさん、□□の▲▲って知ってる?あれって…

ああ!それって○○で△△ということですよね~!私も知ってるんですけど、すごく感動して…

……(何かを飲み込んだ表情)

 

アタイね、こんなこと何度かしちまったんだよ…!

 

白パンさんは話し上手で知識量も豊富。しかも一般男性より、頭のいい部類に入ります。

こういう人は、自分のうんちくを語りたい。

なんせ、自分が普通より頭がいいと自覚しているうえに、自信があるからです。ついでに言えばプライドも高い。

そんな人が「さぁ、これから語りますよ~」と息を吸った瞬間に、目の前の人間が「それ知ってる~」とペラペラしゃべりだした日には、もう…プライド、ズタボロです

こうなると、プライドの高い人はだんだんと蓄積していきます。「こいつは、俺のお株を奪う奴だ」と。まぁ、白パンさんじゃなくてもイラっとしますよね。

また、次回語りますが、白パンさんは神経質。なので、私が何度もお株を奪う真似が続いた結果、急に爆発したわけです。

今思えば、私は聞き役に徹して、語りに口を挟まずに聞いていたらよかったのですよ

そしたら、

こいつは、俺の邪魔をしないやつだ

と、多少仕事ができなかろーが、人畜無害と認定され、怒られずにすんだんじゃないかと思います。

お株を奪っていたんじゃないかと気付いた理由

ところで、お株を奪っていたから怒られたんじゃないかと気付いた理由について、「自分の話を聞いてほしい人々」シリーズの「会話泥棒に閉口した話」

会話泥棒に間違って相談してしまった。彼女らの特徴は「無意識」「悪気がない」
こんにちは、ルレムラ(@luremura)です。 「誰だって人の話を聞くよりも自分の話を聞いてほしい」シリーズ第三弾。 前回は「相談するはずが聞き役になっていた話」でしたが、今回はほぼ同じ感じで「会話泥棒」されたときのお話です。...

この話の主人公、困り顔さんは、相談内容をロクに聞かずに、自分の話をはじめる人。

この記事の話以外にも、困り顔さんは先にペラペラしゃべることがしょっちゅうあったのですよね。正直、イライラするとが何度かあった。

しかし、本人はまったく悪気がないうえに気付いてないので、ことさら蓄積。

さらに、この友人たちへの怒り爆発事件

友人に「怒り・不満」を出せますか?怒りは相手を選ぶと思った話
大事な友人に「怒り・不満」って出せますか?自分に何かと良くしてくれたり、いろんな話のできる友人に対してです。私は、友人に怒りと不満を出して人間関係を破綻させてしまいました。今回は、友人に怒りや不満を出すときは人を選ぶ話を書きます。

 

…そこでハタと、

 

あれ…私、逆のことされてるんじゃない??

と、気付く。

あぁ、人って自分が同じことされないと、相手の気持ちがわからんものだ…。

人の振り見て我が振り直せ。同じことをされたからこそ気付いた

多分、白パンさんと同じく、私も神経質かつ語りたい(話を聞いてもらいたい)人間だからこそ、気付いたんじゃないかと。

ただ私と大きく違うのは、白パンさんはうんちくを語れるほど頭がよくて仕事もでき、社会的な地位も築いていること。

そして、自分が怒りを出したことに、負い目を感じているように見えなかったことですかね。怒った日以降も、普通でした。

にしても、自分に自信がある人って、怒っても自己嫌悪に陥らないのがうらやましい。私、正しい正しくないとか別に、怒ると自己嫌悪になるんですがね。

白パンさんのお話、次で多分ラストです~!

つづき↓白パンさんの二面性について。

【失敗談】職場の優秀な人を怒らせてしまった話3(怒らせた相手の二面性)
こんにちは、ルレムラ(@luremura)です。 引き続き白パンさんのお話。↓前回のお話はこちら。 前回は「職場の優秀な人」こと、白パンさんを怒らせてしまった理由を自分なりに分析してみました。 今回は、私が白パンさ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました