スポンサーリンク

言葉の負の力。相手の悪口を言うと悪い部分しか見えなくなってしまうかも?

アイキャッチ考える

こんにちは、ルレムラ(@luremura)です。

いきなりですが、「言霊」という言葉があります。

実はこの記事を書いているときにですね、

上司の言った「おまえは性格に問題がある」が嫌なことが起こるたびに思い出される
もはや世間に浸透した概念として「呪いの言葉」があります。誰しも、心を縛り付けられてしまった呪いの言葉があるのではないでしょうか?私にも、いまだ心を縛り付ける言葉があります。今回は、勤め人時代に上司から言われた言葉、「おまえは性格に問題がある」について書きます。

「おまえは性格に問題がある」と幾度となく文字を打ち、さらに脳内で音読しているうちに、当時の心情に引っ張られちゃいまして…

思った以上につらくなっちゃいましてね!なんなら、上の「おまえは~」の文字を打つのもつらかったという 汗

そこで思い出したのが「言葉の負の力」

言葉に出してしまった(表に出してしまった)途端に、

「もう、そのとおりにしか見えなくなってしまった」

ことが何度かあったことを思いまして。

今回はそんな、言葉の負の力に関する内容です。

負の言葉を出した途端「相手が悪く見えだした」出来事

アヒルさんたちの会

いきなりですが、相手が悪く見えだした瞬間というのが、勤め人時代の同僚との会話でした。

↓しょっぱなから悪口の会話ですみません。

○○さんて、(悪口の内容)ですよね~!

あ~、確かにそうかも~!

 

また別の日に、

 

△△さんて、(悪口の内容)なんですよ!

え、そうかな~

そもそも人間関係とは、相手に対して「この部分はいいけど、あの部分はちょっとなぁ…」と思いながらも、お互いうまく合わせて付き合っていくもの。

うまくできていない私が言うのもなんですが

しかし、上の会話をした直後、自分の中でどこかモヤモヤした気持ちが生まれていることに気付きまして。

それまで「ちょっとなぁ…」と思う部分も流せていた相手(会話の中の○○さんと△△さんのこと)が、急に悪く見えだしたのです。

こともあろうか、私の中で「あの人は『悪く言っていい人』の分類」に入っちゃったんですよ。

そう、言葉にした瞬間に脳が「言葉通りに」に認識しはじめたのですね。

スポンサーリンク

言葉に出した途端に、脳が認識をはじめてしまった

頭の上のウイルス

言葉にした途端に、脳がそのとおりに相手を認識しはじめてしまった。

その悪口の標的となってしまった相手は、私の中で別に「悪く」捉える必要のなかった人々にもかかわらず。(すみません。)

しかも、「良く」見ようと思えれば、いくらでも良く見れた人々だったのに。

ここで、私、

ひょっとして、言葉に出してしまったから?

と、気付きます。

これがいわゆる言霊というやつなのか?

頭の中を言葉に出すのは、人によってけっこう危険なのでは

たとえばこの「会話がつまらない友人」。

「この人と話すのはつまらない」と、薄々気づいていたにもかかわらず、私が「遠慮の膜」を張っていたおかげ(?)で、私からずっと「つまらない」と思われずにいました。

しかし、私が「ああ、もういいや」と、自分に許可を与え、言葉にしたことで、今では素直に「つまらない」と思っています。(なんか、ディスりになっててスマヌ。)

遠慮の膜とは、実は「言葉の力に引っ張られてしまい、悪く見える(悪くと言っていいのかわかりませんが)可能性がある」ため、考慮してのことでもありました。

まぁ、私に↓こういう極端な性質があるから、というのもあるのですが。

自信がないと「大好き」が「大嫌い」になりやすい。放置すると身を滅ぼしかねない話
「あんなに大好きな友人だったのに、なんで大嫌いになったんだろう?」「友人に嫉妬心を抱いてしまった」ということありませんか?その原因は、自分の自信のなさかも?今回は、「自信のない人は大好きが「大嫌い」になりやすい。放置すると身を滅ぼしかねない」話を書きます。

だから、この喧嘩なんて命がけなんだよ…

友人に「怒り・不満」を出せますか?怒りは相手を選ぶと思った話
大事な友人に「怒り・不満」って出せますか?自分に何かと良くしてくれたり、いろんな話のできる友人に対してです。私は、友人に怒りと不満を出して人間関係を破綻させてしまいました。今回は、友人に怒りや不満を出すときは人を選ぶ話を書きます。

こういうの、平気な人は平気なんでしょうが、私の場合、後からの「相手の印象の書き換え」「悪い部分も認めつつ…」というのがなかなかできないのですよ。

だから、良くもとれる人のことでも、不用意に悪く言ってしまうと、そのとおりに認識されてしまうので気を付けなければ…と思うのでした。

負の言葉について触れた書物

こんな負の言葉で思い出したのが、田房永子さんの「ママだって、人間」

毒親を描いた「母がしんどい」で有名な方ですね。

この漫画の中で、出産後ママさんヨガに通いはじめた田房さんは、自分の子どものことを悪く言ってしまうお母さんと遭遇します。

そんなお母さんに対して田房さんは、

ハルト君ってフツウのかわいい5ヶ月児なのに
ハルト君のママはいつもハルト君を悪く言う

ママの言葉をきいていると
だんだんハルト君がでくのぼうに見えてくる…

言霊ってすごい
どうして子どもを悪く言うんだろう

「ママだって、人間」 P78より

言葉を与えられてしまったがために、急に悪く見えだしたハルト君。

まさに、言葉にした途端、そのように見えてだしたわかりやすい例。言葉の力を考えさせられるシーンです。

(ちなみに、ハルト君のお母さんは、わけあって我が子であるハルト君のことを下げる言い方をしています。)

 

つづいて「宇多田ヒカルの言葉」から。

いつか、歌手であった母がこんなことを言った。「悲しい歌を歌うと悲しい人生になる、だから悲しい歌は歌いたくない」

「宇多田ヒカルの言葉」 P10より

宇多田ヒカルはこの本以外でも、他のところで同様のことを言っていたのを覚えています。(ソースがなくて申し訳ない)

宇多田ヒカルの歌には、確かに予言みたいなところがあります。娘である本人も、言葉の力をとてもよく理解しているのでしょう。

 

言葉に霊が宿るというなら、私にとって言葉とは、どう使っていくべきものなのだろう。

ふと、そんなことを思うのでした。

「良くもとれる相手」のときに不用意に悪く言うのはやめておこうと思うのであった

さて、あらためて「良くもとれる相手」のときに、不用意に悪く言うのはやめておこう…と思うのでした。同意するのも求めるのも。

ちなみに、会話で出てきた悪口の対象になってしまった方、その職場を退職するときに、メッセージカードをくれたのですよ。

うう…なんかもう本当にすみません…!(平謝り)

 

以上、言葉の負の力に関する内容でした~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました