スポンサーリンク

呪いの言葉は嫌なことが起こるたび思い出される【上司の言葉】

アイキャッチ 考える

こんにちは、ルレムラ(@luremura)です。

もはや世間に浸透した概念として、「呪いの言葉」があります。

某アニメでは、「言葉は刃物」とも言われるなど、言葉は使い方が大事。

誰しも、心を縛り付けられてしまった呪いの言葉があるのではないでしょうか?

私にも、いまだ心を縛り付ける言葉があります。

今回は、その昔上司から言われた呪いの言葉について書きます。

呪いの言葉を言った上司

天高く指さす男性

呪いの言葉が吐かれたいきさつを。

私はこれまでに複数回転職しています。中でも人生2社目に就職した会社がまぁ、ブラック企業でして。

「ブラック企業 × 私(いろいろ問題のある人間)」最悪の組み合わせで勤務開始。はじめ1年以上はずっとつらかった。

毎日、風呂場で泣いていた記憶がある

その会社で会ったのが、私より2つほど上の当時20代半ばの男性上司でした。

私より半年ほど前に入社したにもかかわらず、すでに現場を仕切っている、とにかくリーダーシップの取れる人でした。

こんな感じの人です。

  • 仕事ができる
  • 器用
  • 頭が良い
  • 俊敏
  • 親分肌
  • 面倒見がいい
  • 短気
  • 口が上手い

「華のある人」といいますが、まさにそんな人でしたね。その場にいるだけで、陽の空気が漂う人でした。

↓こういう場で中心に空気が回るような感じ。

しかしこの上司、自分が優秀な人間だとわかっているがゆえに、傲慢になるところがありました。

この「優秀な人を怒らせた事件」の人と、似た部分がありましたね。

【職場の男性を怒らせてしまった話1】その日、相手は急にぶちぎれた
私、これまでに多数の失敗をしてきております。中でも「人を怒らせたこと」も多数。というわけで、勤め人時代の思い出話から、職場の優秀な人から怒られて舌鋒鋭く切りつけられてしまったお話です。今回は、実際に怒らせてしまったときのことを書きます。

下手するとワンマンタイプ。そして、自分の領土から出た人間には、強く非難する人なのでした。

スポンサーリンク

呪いの言葉は「おまえは性格に問題がある」

指さす男性

当時、この上司は社長に対して不満をつのらせており、現場にも不満を持っていました。

なんせ、現場を良くしようと鼓舞し奮闘しているにもかかわらず、なかなか自分の思い通りに現場も社長も変わっていかないものですから。

なので本人の発する言葉にも、トゲトゲしたものが混ざることがありました。

その日、何の拍子だったのかは忘れてしまいましたが、私は上司のトゲトゲした言葉に言い返すように、反感を持たれるような言い返しをしてしまったのですね。

まぁ、売り言葉に買い言葉のようなものですよ

そこでポロっと言われたのが、

 

「おまえは性格に問題がある」

 

の言葉。

先に言っておきますが、当時の私は言われても仕方のない人間だったと思います。

仕事はできんわ、周囲とうまくコミュニケーション取れんわ、怒りっぽいわ、口だけだわ…と、ひどい有様でして。

上司にも周囲にも反発して、組織内で孤立

普通の人ならできる、一社会人として望まれる態度をどうしてもできなかったのですよ。

だから、この上司にもたくさん迷惑をかけています。

そんな私とブラック企業、そしてこの上司の組み合わせ。

確かに、言われても仕方のない状況だったかもしれません。

 

…しかし、このとき出た「おまえは性格に問題がある」は、その後何年間にも渡って私を苦しめるのでした。

その呪いの言葉は、私が私自身に思っていた言葉

傷だらけの心とハサミ

人によっては、「『おまえは性格に問題がある』が苦しめる」と言っても、「そんな程度で」と思う人もいるでしょう。

私も自虐で使うことがあります。

しかし、この言葉が私を苦しめる理由は、私が私自身をずっと長い間「問題のある人間だから」と思って生きていたから。

まさに、その上司の呪いの言葉は、私の言葉でもあったのです。

 

私は性格に問題があるから、仕事ができないんだ

私は性格に問題があるから、人付き合いがうまくできないんだ

私は性格に問題があるから、頭が悪いんだ

私は性格に問題があるから、普通よりも劣っているんだ

 

他人からも「性格に問題がある」と言われ、誰からも指摘されたくなかったことを指摘され、そのまま自分の傷を刃物でえぐられた気がしたのでした。

上司の言葉はいわゆる人格否定

今ならわかりますが、この上司の言葉は人格否定です。

仕事で相手に注意するときは、相手の人格と結びつけて否定する言葉は言ってはいけない。

あくまでも人格から派生した、「仕事」の部分として、切り分けて注意しなければなりません。

いまもこの調子で人格否定をする言葉を使っているとしたら、この上司はほうぼうで恨みを買っている可能性があるかもしれません…

この言葉が吐かれてから約10年経っていますが、今ではこういうことがわかっています。

  • その上司も決して完璧ではなかった(当時私には完璧に見えていた)
  • 自分がとても未熟だった
  • 自分の心の問題

しかしこれらを差し置いても、ことあるごとに私はこの言葉に苦しめられています。

「私は性格に問題があるからうまくいかないんだ」を証明している気分になる

普段ならこの呪いの言葉は問題ありません。

しかし、たとえば派遣社員時代にクビを宣告されて耳が聞こえにくくなったときのこと。

派遣ってどうなの?使えないと切られる?元派遣が教えるデメリット3つ
こんにちは、ルレムラ(@luremura)です。 「派遣ってどうなの?」シリーズ第四弾。 派遣のデメリットといえば、「使えないと切られる・使い捨て・理不尽な扱い」のイメージが強い方も多いのではないでしょうか? 今回はそんな...

人とのやり取りがうまくいかなかったときのこと。

【職場の男性を怒らせてしまった話1】その日、相手は急にぶちぎれた
私、これまでに多数の失敗をしてきております。中でも「人を怒らせたこと」も多数。というわけで、勤め人時代の思い出話から、職場の優秀な人から怒られて舌鋒鋭く切りつけられてしまったお話です。今回は、実際に怒らせてしまったときのことを書きます。
【人間関係の破綻】友人に「怒り・不満」を出せますか?怒りは相手を選ぶと思った話
大事な友人に「怒り・不満」って出せますか?自分に何かと良くしてくれたり、いろんな話のできる友人に対してです。私は、友人に怒りと不満を出して人間関係を破綻させてしまいました。今回は、友人に怒りや不満を出すときは人を選ぶ話を書きます。
自信がないと「大好き」が「大嫌い」になりやすい。放置すると身を滅ぼしかねない話
「あんなに大好きな友人だったのに、なんで大嫌いになったんだろう?」「友人に嫉妬心を抱いてしまった」ということありませんか?その原因は、自分の自信のなさかも?今回は、「自信のない人は大好きが「大嫌い」になりやすい。放置すると身を滅ぼしかねない」話を書きます。

 

Webライターをしていて、精神的に落ち込んでしまったときもあります。

こんなときは、このときの上司がポロッと言った「おまえは性格に問題がある」思い出されて仕方がない。何度も私の前に現れる。

そして、その言葉に苦しんでいるはずの私が一番その言葉を証明しているような気がしてならない。

ふとしたときに、どツボにはまって抜け出せなくなってしまうことがあるのです。

いつになれば、この呪いの言葉から完全に解放されるのか

また何かやらかしたときに、この呪いの言葉にやられるのではと、恐怖があります。

このことを知らずに生きている上司。正直、再会したら「怒りをぶつけてやりたい」と思うことがあります。

しかし、本人はまず覚えていないでしょうし、私との感覚のズレがあるはず。当然、自分の正当性を主張するでしょう。

だから、この上司から私の望む謝罪は永遠に得られないとわかっています。

みんながみんな、悲しみや怒りを諦められたら、この世は本当に平和ですよね。

 

この呪いの言葉、完全に開放されるのはいつになるのやら…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました