心に多色礼讃

唯一無二の大したことないことを胸に

実際、派遣ってどうなの?元派遣社員が教えます その4【デメリット後編】

f:id:lurem:20170923150243j:plain

 

こんにちは、「唯一無二の大したことないことを胸に」がモットー、ルレムラ(@luremura)です。

 

前回に引き続き、派遣社員のデメリットを取り上げていきます。今回は制度以外で感じたデメリットです。

 

前回の「デメリット前編」はコチラ。制度上のデメリットを取り上げています。

www.lure-tashoku.net

 

「概要とメリット前編」はコチラ。

www.lure-tashoku.net

 

「メリット後編」はコチラ。

www.lure-tashoku.net

 

 

 

【デメリット6】使えないと切られる

f:id:lurem:20170924173306j:plain

 

会社にとって育てる必要性がないからです。

 

アレ?自分で書いて辛い(汗

 

新卒社員でもない、かと言って中途採用でもない、その場限りの人に、時間と労力を割けられないのが本音。

 

特に、接客業で忙しく、カツカツしている会社はその傾向が強いように思えました。メリット1でも出てきた「即戦力になる人材が求められる」のです。

 

実際にお払い箱になった話

 

その会社、と言いますか、とある店舗に派遣されていた時のことです。私はレジ打ちと品出しで雇われました。

 

お店の特徴は次の通りです。

・扱っている商品が豊富で専門知識が必要
・レジ打ちが複雑
・店内はBGMをガンガンに流している
・従業員はインカムを付けて会話
・お客さんからよく商品について訊かれる

対して私の特徴です。

・レジ打ちは約10年以上ぶり(4か月間のみアルバイトで経験)
・うるさい音が苦手
・そもそも接客苦手

…まるで使えない。

 

アタフタして一か月が過ぎようとするころ、営業さんから()電話が入りました。

 

 

結論から言うと、「クビ」でした。

 

 

レジすら触らせてもらえず終わりました(笑


今でこそ笑い話ですが、派遣の厳しい現実を知りました。しかも、はじめての派遣先だったので、かなり動揺しました。

 

後日、営業さんから原因を聞いたところ、派遣先曰く「うちのキャラじゃないだよね~」とのこと。遠回しに「うちじゃ使えなかった」のです(悲

 

今となっては「合わない」ことが早く分かってよかったと思ってます(前向き

 

※補足

更新できるかどうか、事前に派遣先の上司と営業さん同士で連絡を取り合います。派遣社員には、派遣先から直接聞かされる場合もありますし、営業さんから聞かされる場合もあります。

 

 

【デメリット7】所詮使い捨て

f:id:lurem:20170924173307j:plain

 

代わりの人はいくらでも居るからです。

 

アレ?自分で書い(ry

 

ここで書いていることは全て私の主観なので、これから派遣社員を目指す方、あまり落胆しないでくださいね。ちゃんと人間扱いしてくれる職場もありますからね。全部が全部そうではありませんからね。

 

というわけで、やっぱり実体験書きましょう。(書くのか

中には残念ながら「所詮使い捨て」な職場もありました。

 

実際に使い捨てられた話

 

その派遣先からは当初、「事業拡大のために猫の手も借りたいほど」と聞かされていました。


営業さんからも強く聞かされていましたし、面談時に派遣先の課長からも聞かされていました。当然、私もそのつもりでした。

 

早く慣れて役に立てるよう私なりに努めておりました。専門的な知識も必要だったので、もちろん覚えるようにしていました。

 

しかし、勤務三か月目を前に、突如「クビ」を宣告されます。

 

寝耳に水とはこのこと。この時、派遣先の上司だった課長からは、全く理由を告げられませんでした。

 

かと思ったらこの数日後、課長から「やっぱり残ってくれ」と言われました。

 

その理由が「今、会社が仕事を減らす方向になっているけど、別の仕事は相変わらずあるから、別部署で頑張ってほしい」

とのことでした。

 

アレ?はじめ聞いてたのと随分違いますね。

 

色々ありつつ、別部署で仕事をし始めたんですが、そこも次第に暇になっていくんです。

 

でも、長期雇用と言われてたしなぁ…なんて思っていたら、次の更新を控えた頃、会議室に呼び出され再度「クビ」を宣告されました。

 

別部署でも、仕事があんまりないから不要になってしまったんですね。この短期間でどれだけ社内事情変わってるの…

 

 

「猫の手も借りたいから来て!」 

  ↓

 「君、不要」 

  ↓

「あ、やっぱ残って!」

  ↓

「やっぱいらない」

 

 

 

アクセルとブレーキ、何回踏ませるんでしょうか?

 

私、割愛してさらっと書いてますが(書いてるつもり)、実際は1回目の突然のクビ宣告にそれまでのストレスも一気に出たのか、耳が聞こえにくくなったりしてました。

 

突発性難聴?聴力が戻らなくなったらどうしよう。怖くなって病院に走りました。

 

大人の人見知りのお話でも触れています。 

www.lure-tashoku.net

 

私以外にも、気まぐれで雇われて気まぐれでクビにされてしまった方がいました。しんどそうな私に気付いて声をかけてくれる、優しくて気遣いのできる方でした。

 

この時、人事を担当した課長、もといサイコパス(社内でも評判のサイコパスだった)に対して思ったのが、

「この人は自分の娘や奥さんにも、同じような扱いをするのだろうか」

 でした。

 

派遣をやる時、ある程度のことはもちろん覚悟していました。

 

でも、悲しいものは悲しいです。

 

決してアクセルとブレーキを何度も踏まれたことが悲しいのではなくて、派遣であることをいい事に、気持ちをぞんざいに扱われたことが悲しいんです。

 

道具や機械はいらなくなったら捨てるか交換すればいいかもしれませんが、血が通っているから、悲しいし、痛いし、病気になるし、悔しいし、当然怒りも沸きます。

 

正社員なら左遷や異動もありますが、派遣は不要になったら簡単にクビを切られます。

 

力のない立場が、虚しく情けなく感じた出来事でした。

 

 

【デメリット8】全てがリセットされる

f:id:lurem:20170924173308j:plain

 

違う職場に行くたびに、ゼロからはじまります。

 

簡単に言うとこういうことですね。

・前の会社で教えてもらったこと
 →普遍的な技術以外は不要になります。また新たな会社のルールに染まらなくてはいけません。

・築いた人間関係
 →なくなります。(ただしプライベートは除く)違う人間関係を構築しなくてはいけません。

 若いときは、まだいいかもしれません。しかし、歳追うごとに、精神的な負担が増えてくる可能性があります。

 

皮肉かな。ちゃんと扱ってくれる派遣先に出会うと、この反動は大きいです。

 

経験値は増えていく反面、見えない何かが減っていく感じでした(汗

 

 

派遣デメリットを振り返って

f:id:lurem:20170924174422j:plain

 

メリットの享受を受ける以上、デメリットも当然受けます。

 

面白いのが、デメリットにもその会社の社風が反映されていることでした。

 

細かくしっかりしている会社ならば、デメリットにさほど理不尽さを感じませんでした。

 

しかし、デメリット7の会社の場合、人間に無関心な社風なので、デメリットもぞんざいな傾向が強いなと思いました。

 

デメリットはここまで。

次回は、派遣をしているときに実際に訊かれた質問や、気になる疑問(?)、ちょっと気付いたことを挙げていきます。派遣シリーズ、次回でいったん完了の予定です。

 

読んでいただきありがとうございました!

 

 

次はその5!質問や気付いたこと!  

www.lure-tashoku.net