スポンサーリンク

アイメイクはアイラインのみに。私がマスカラをしなくなった理由

黛と筆 節約術

こんにちは、ルレムラ(@luremura)です。

朝、メイクをしてから活動される女性の方は多いと思います。化粧の出来が違うだけで、一日の気分も左右されますよね。

今回はそんな化粧について、私が「アイメイクはアイラインのみにし、マスカラはしない選択にしたお話」をします。

マスカラはせずに、アイブロウでアイラインを入れるのみにしている

私はマスカラをせずに、アイブロウの濃い方の粉で、アイラインを入れています。

f:id:lurem:20170719130908j:plain

こちらは、私が愛用しているセザンヌのアイブロウ。写真のブラシで目尻に入れてます。眉にも使っているのでかなり減っていますね。(絵面が汚くてスミマセン。)

まつ毛をビューラーでカールだけする方法もあるみたいですが、まつ毛を引っ張るのも、蓄積するとなかなかのダメージらしいので、あまりしていません。

アイブロウでアイラインを描けば色の濃度が調整できる

なぜ、アイライン用のペンやアイシャドウを使わないのかというと、私にとって「濃い」からです。「そんなに濃くなくてもいいのにな~」と思ってしまうのですね。

その点、アイブロウは眉用で元々から濃くありません。なので、色の調整もしやすいです。ガッツリアイラインを入れたくない、ほんのうっすら入れたいときにも便利なのです。

アイブロウでアイラインを描けば節約になる

あと、眉だけでなくアイラインにも使うと、わざわざアイライン用にアイシャドウを買う必要がなくなるので、節約にもなります。

私が使っているのも、プチプラで有名なセザンヌ。本当に出費が少なくてすみます。

さて、今でこそマスカラなし&アイメイクはアイラインのみにしていますが、私もかつて毎日マスカラしていた時期がありました。

ほぼ毎日マスカラをしていた日々

大学1年生の頃、化粧を覚えたての私は、毎日毎日マスカラを塗りたくって、ビューラーでまつげを上げていました。

全ては、「マスカラをしていない女と思われたくない!」という思い。今思えば、周りの目を気にしての事でした

その頃は今よりももっと下手くそなアイメイク。当時の自分を見るのも恐ろしいです。

アイラインだけならともかく、アイラインはつけるのも落とすのも大変

f:id:lurem:20170719130840j:plain

マスカラは、何度やっても下手くそで、よく、鼻やまつ毛の生え際にマスカラ液が付いてしまうことがありました。それだけで、朝の時点で神経を消耗していました。

マスカラを落とすときも、ウォータープルーフの水に強いタイプはなかなか落ちませんよね。かと言って、専用のマスカラリムーバーを買う気にもなれず…。

30手前になっても不器用な女は、マスカラの扱いに慣れなかったのですね。

「化粧してるの?」の言葉

そんな私ですが、自分の化粧について人から指摘されることがありました。

 

「化粧してるの?」
「すっぴんやと思ってた」

 

そうです、毎日時間をかけて化粧をしているにも関わらず、化粧感が出ない私の顔。

素肌が美しいとか、すっぴんがキレイ!とかそんなのではないんです。

単に私のメイク技術がないのです。

そして毎日のマスカラとの格闘。徐々に私の中である思いが生まれるようになりました。

マスカラしなくても顔は顔

「『マスカラしていない』なんて思われたくない!」と思ってマスカラをしていたのに、結局していないと思われていたのでは本末転倒。ということは、

マスカラしてもしなくても意味ないんじゃないか?

と、「マスカラ=絶対」の考えに疑問を持つようになったのです。

考えてみれば、「マスカラをしているから美しい」のではなく、単にマスカラをしている人マスカラをしていない人という区別だけで、女性の顔を見ていることに気づきました。

「マスカラ、そんなにいらないかも」

目元やまつ毛を強調させるのが狙いなら、アイラインを引いておけば十分。

こうして、私は普段マスカラをせずにアイラインのみ描くようになりました。

マスカラなしを選んでアイラインのみにした結果

こうしてマスカラを控えるようになってから、1年以上は経ちますが、朝の準備が圧倒的にラクになりました。

私の場合、準備が遅いのに加えて、マスカラをするのが苦手。これだけで10分くらいはロスしていたと思います

30歳からマスカラよりも眉とリップが要

さらに、30手前あたりから、マスカラよりも眉毛とリップを意識して化粧をするようになりました。

最近では、ありがたいことに「きれいになった」と褒められるようになりました。「化粧してるの?」は、最近では訊かれなくなるほど。

マスカラをがんばって塗りたくっていた時期よりも、今の方がキレイになったと言われるのは皮肉な気もしますが、化粧にも視点の変換は大事だなんだな~とつくづく思います。

普段マスカラはせずに、ちょっと特別な日にするようになった

現在、マスカラはちょっと特別な日や、気合を入れたいときにするようにしています。

20代は「マスカラしないと!」という気持ちが強かったですが、今は「してもしなくてもどっちでも大丈夫」と思えるようになりました。

私にとってマスカラを控えることは、心の状態を知るきっかけにもなったようです。

マスカラに疲れている人は、普段はアイラインのみにしておいて、ここぞというときにしてみるのもいいかもしれませんね。

あなたもぜひ、普段はマスカラをお休みしてセザンヌのアイブロウで過ごしてみませんか?

 

この記事を書いたのが2017年のこと。2020年8月からは、こちらのグラデーションタイプのセザンヌのアイブロウを使用中。上のアイブロウより少しだけ高めですが、これはこれでおすすめ。

読んでいただきありがとうございました!

女性の美と健康について興味のある方は、こちらもどうぞ!

女性の美と健康シリーズ

コメント

タイトルとURLをコピーしました