スポンサーリンク

【もしもアフィリエイトのかんたんリンク】表示されず「リンク」が出る解決方法

「リンク」と表示されている画面 WordPress

こんにちは、ルレムラ(@luremura)です。

少し前まで、「もしもアフィリエイト」「かんたんリンク」で、アフィリエイト部分が文字で「リンク」と表示される問題に、さいなまれておりました。

私の環境&状態はこんな感じでした。

  • やり方を守ってコードを貼り付けているのに、記事公開後も「リンク」と文字だけで出る
  • ページによって、きちんと表示される・されないページがある
  • 時間が経つと、きちんと表示されなくなる・されることがある
  • WordPressに移ってからだけでなく、はてなブログ時代からあった不具合
  • 使っているWordPressのテーマはCocoon

結論から言えば、「Cocoon設定」の「高速化」のチェックをすべて外し、再度かんたんリンクのコードを貼り直すと、正常に表示されました。

このページでは、その方法を解説します。

後半、追記としてAMPページ「リンク」と出る場合についても対処しました。

かんたんリンクが表示されずに、文字だけ「リンク」と表示される状態をおさらい

まず参考までに、もしもアフィリエイトの、かんたんリンクが表示されない状態を確認。

理想の表示がこちら。(私はカスタマイズしているので、リンクボタンに色が付いています。本来はオレンジ色。)

正常な状態のかんたんリンク

 

しかし、私の場合かんたんリンクでコードを貼り付けると、図のように文字で「リンク」とだけ表示される始末。

「リンク」と表示されている画面

はてなブログ時代にも、文字の「リンク」だけで表示されることは度々ありました。そのときは、コードを貼り直していると、なぜかきちんと表示されていました。

が、WordPressに引っ越した後、特定のページだけ何度コードを貼り直しても、文字だけ「リンク」と出ていたわけです。

スポンサーリンク

【方法を解説】かんたんリンクが表示されずに「リンク」と表示されるなら、「高速化のチェック外し」をしよう

では、解決方法を解説していきましょう。まず、WordPressのダッシュボードにて、「Cocoon設定」「高速化」をクリックします。

Cocoon設定画面

「高速化」の「縮小化」の項目にて「HTML縮小化」「CSS縮小化」「JavaScript縮小化」と、チェック項目があります。

ここにチェックが入っていたら、すべてチェックを外してください。

高速化チェック外し

で、私の場合これだけでは「リンク」の表示のままでした。

なので、念のために、再度もしもアフィリエイトでかんたんリンクを組成してみました。(「HTMLソースを1行にする(WordPress対応)」にチェックするのを忘れずに。)

かんたんリンクのコード組成画面

赤枠部分のコードをコピー、記事内にペーストして公開すると、無事に正常に表示されておりました。

このとおり!

かんたんリンクの正常な画面

あれだけ何度も貼り付けたりしていたのに、あっさり解決しました。

解決の参考になったのが、こちらのCocoonのフォーラム。

Cocoon フォーラム
Cocoon ディスカッション掲示板

こちらで調べていたところ、私と似たような状況で悩んでいた方々がチラホラいました。

どうも、Cocoonの設定で「JavaScript」の高速化を外すと、かんたんリンクが表示されない問題も、解決できたケースがあったモヨウ。

同じようにしてみたところ、無事に解決に至りました。

以前、Cocoonには「Javascriptをフッターで読み込む」というチェック項目があったようです。このチェック項目を外すと解決できていたようですが、現在この項目はなくなっています。代わりに、今回紹介した箇所が担っているようですね。

【疑問】かんたんリンクの表示問題、「高速化のチェック外し」が解決の鍵だったのか?

ここからは蛇足というか疑問。そもそも本当に「高速化チェック外し」が解決の鍵だったのか?

私はCocoonのフォーラムで解決の糸口を見つける前に、もしもアフィリエイトに直接問い合わせをしていました。

もちろん、問い合わせる前にも色々調べていましたが、納得できる答えがなかなか見つけられなかったので、最終手段として直接問い合わせました。

もしもアフィリエイトから来た回答をまとめると、こんな感じ。

  • WordPressの場合、プラグインやテーマの設定でHTMLソースの<script>部分が除去されることがある
  • コードが</body>直前に挿入されたりすることがある
  • 入れているプラグインを外したり、テーマの設定を見直してほしい

つまり、もしもアフィリエイト側の問題ではなく、WordPress側の設定によるもの、とのこと。

しかし、私の場合はてなブログでも同様に、特定のページでのみ表示されない現象が起こることがありました。

それに、ページによって正常に表示されたり、されなかったりするのは何が原因?

しかも、貼り直したら正常に表示されるようになったりして…謎が残る。

解決後、高速化のチェックを再度入れても、正常に表示されていた

あと、設定の高速化の3つのチェックを外した後、

高速化されなくなったら、サイト表示遅くなるのかな

と気になりまして。実は、再度チェックを入れてみたのですね。

文字の「リンク」表示に戻るかな~と思っていたのですが、問題なく正常に表示されています(2020年7月7日確認時点)。

どゆこと?

まぁ、もしもアフィリエイトにてコードを再取得→記事に貼り付ける、はしていないのでなんとも言えませんが!

やや消化不良感漂う解決ですね。

かんたんリンク、また正常に表示されなくなるかもしれませんが、私と同じ状態で悩んでいる方はひとまず試してみてはいかがでしょう?

【追記】AMPページでかんたんリンクが表示されずに「リンク」と出る対処方法

ここまで、通常のページでの対処方法についてお伝えしてきました。ついでに、AMPページでかんたんリンク部分が「リンク」と出る問題についても触れておきましょう。

AMPページを作っていない方は、必要ない作業です。

というのも、私は今までAMPページを作っているにもかかわらず、こともあろうか、AMPに無頓着でして。

この記事を書いた後に、たまたまはじめて自分ちのAMPページを開いたところ、

  • 文字だけ「リンク」と表示されてる
  • レイアウトが崩れている

↓AMPページだと、以前変わりないのを目撃してしまった。ひえぇぇ…

ampページで確認した時

なんでも、かんたんリンクはAMPだと対応していないんだそな。旧タイプのかんたんリンクだと対応しているようです。

というわけで、AMPページにも「リンク」問題を対処することにしました。

【方法を解説】「AMPページを消す」のが一番

AMPページで「リンク」と出る問題の解決方法で一番手っ取り早いのは、AMPページを削除すること。

レイアウトが崩れるのも気になるし、色々調べているうちに、結局AMPページがなくても困らないことが判明したので、もう消します。

はてな時代にはAMPがあることで警告とか出ていたのに、なんで今までAMPページに固執してたんでしょうね。

さて、AMPページの消し方はカンタン。ダッシュボードの「Cocoon設定」「Cocoon設定」をクリック。

ダッシュボード

「Cocoon設定」内の「AMP」をクリック。

AMP設定

「AMPの有効化」という項目があるので、「AMP機能を有効化する」のチェックを外します。外したら下のほうにある、「変更をまとめて保存」をクリックすれば、AMPページは無効化されますよ。

AMPの有効化を外したところ

さらに、「Cocoon設定」「キャッシュ削除」をクリック。

キャッシュ削除

「AMPキャッシュの削除」をクリックして、AMPのキャッシュを消しておきましょう。

AMPキャッシュの削除

 

この後の作業として、

  • 「301リダイレクト」のために、htaccessファイルの編集作業をする
  • 「Googleクローラーにサイトの巡回依頼」を出す

の2通りがあります。

正直、私はhtaccessファイルの編集作業ってやったことないから、なんかめんどくさそう…と思いまして、後者の「Googleクローラーにサイトの巡回依頼」を出すほうを選びました。

巡回依頼を出すことによって、「GoogleにAMPではなくなったこと」を早めに知らせます。

Googleクローラーにサイトの巡回を出すには、Googleのサーチコンソールに移ります。

①「URL検査」 → ②上部の検索窓にAMPのURLを入力 → ③「インデックス登録をリクエスト」します。

サーチコンソールのクローラー依頼画面

数が多いと思うので、アクセス数上位数ページに絞って依頼するといいんだそな。私は15ページくらい依頼しました

正常に処理できていれば、サーチコンソールの「AMP」で確認すると、日に日にAMPページの「有効数」が減っていきます。

サーチコンソールのAMP確認箇所

私の場合、依頼した日を境に、有効数が16 → 12 → 9ページと減っていってます。ヨシヨシ。

AMPページを無効化する手順は、こちらのサイト様を参考にさせていただきました。とても助かりました。ありがとうございます。

CocoonでAMPをやめた方法【初心者向けにわかりやすく解説】 | せなログ
本記事は「amp対応してたけどやめたい」という方向けです。記事内では①AMP対応の正しいやめ方【Cocoon】②AMP対応をやめた後に確認すべき3点について、初心者でもわかりやすいように簡単な言葉で解説しています。早速ampの無効対応をしたい方は必見です!

こちらのサイト様では、もう一つの「301リダイレクト」のための、htaccessファイルの編集作業についても、丁寧に解説してくれています。

 

以上、かんたんリンクで「リンク」と表示される問題の解決方法でした。ぜひ試してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました