心に多色礼讃

唯一無二の大したことないことを胸に

無印良品のアルミ弁当箱はシンプルで美しい。メリット・デメリットも紹介

f:id:lurem:20170715125458j:plain

 

こんにちは、ルレムラ(@luremura)です。

 

私は勤め人時代、ほぼ毎日お弁当を作っていました。

 

節約にも一役買ってくれるお弁当なのですが、レシピ本も店頭によく並んでいますし、持って行っている方も多いと思います。

 

そんなお弁当をつめるためのお弁当箱

 

ごはんをつめて洗って…の繰り返しなのですが、お気に入りの弁当箱だと、使うのがちょっと嬉しくなりません?


今回はそんなお弁当箱でも、私の気に入っている無印良品のアルミ弁当箱について紹介しましょう。

 

 

無印のアルミ弁当箱を使う前はプラスチックの弁当箱だった

かつて私は、

お弁当箱はごはんを詰められたらなんでもOK!」 

 

乱暴に言うとこんな感じでした(酷い)。

 

なので、実家にいた当時は、戸棚にあった使い古されたプラスチックの容器を使い、ひとり暮らしをはじめたときは、ニトリで買った何の色気もないプラスチックのお弁当箱を使っておりました。

 

この当時、「アルミの弁当箱を選ぶ」なんて考えていなかったのですね。 

アルミが理想のお弁当箱像になった理由

そんなある日、洗っている最中にプラスチックのお弁当箱が壊れてしまいます。

 

次のお弁当箱を買わなくてはならなくなったとき、ふと私が思い描いたのが、アルミのシンプルで使いやすくて美しいお弁当箱でした。

 

なぜアルミのお弁当箱だったのかというと、トトロでサツキちゃんがお父さんのお弁当箱を詰めるのに、アルミのお弁当箱を使っていたのが思い出されたからですね。

 

あのお弁当のシーンが、「お弁当箱=アルミのお弁当箱」と、私の中でハマったのでした。

 

「ああ、あのトトロのシーンみたいに、私も日の丸弁当が美しく収まるアルミのお弁当箱が欲しい…」

 

自分の理想を再現すべく、再度ニトリの弁当箱コーナーに足を運びます。

 

が、しかし、アルミのお弁当箱はニトリで見つからず、他のお店にも置いてありませんでした。

 

そう、シンプルで美しいアルミのお弁当箱って、意外と実店舗では見つからないんだと気付かされます。

 

早くもお弁当箱ジプシー?なんて思われた矢先、無印良品のサイトでアルミのお弁当箱が見つかりました。 

無印良品のアルミ弁当箱が理想のお弁当箱像に

困ったときの無印良品!サイトで確認してみると、さすがです。あっさり見つかりました

 

理想とするアルミのお弁当箱があったのです。

 

私が買ったのは、このアルミのお弁当箱でした。

 

実際に使って感じたメリットとデメリットを紹介しますね。

 

無印良品のアルミ弁当箱を使って感じた【メリット】

 

f:id:lurem:20170715125518j:plain

  • シンプルで美しい
  • 軽いので持ち運びしやすい
  • においが移りにくい
  • 汚れが落ちやすい
  • 「取っ手が取れて壊れる」など、基本壊れる心配がない
  • 容器とゴムバンドは別売りなので、劣化しても買い替えできる
  • 内ブタもちゃんとある

シンプルだけどかゆいところに手が届く物を作るのは、無印良品の専売特許ですね。

 

ゴムは劣化しても大丈夫なように別売りされていますし、さらに、内ブタのおかげで汁漏れもなくて済みます。 

 

ユーザーが使いやすいように、きちんと特色を出しています。

 

私が何よりも嬉しかったのは「見た目の美しさ」。理想とするお気に入りのお弁当箱を使えていることで、それだけで嬉しかったです。

無印良品のアルミ弁当箱を使って感じた【デメリット】

 

f:id:lurem:20170715125534j:plain

  • 内ブタも別売りがあった方がいいかも
  • 容量が小さめなので、男性は物足りないかも

ゴムバンドもあるなら、長く使えるよう内ブタも別売りにした方がいいかも、と思いました。

 

でも、見た感じ、そんなに劣化しやすい感じでもないですよね。

 

容量は、「もう少し広かったら…」と思うことがありました。私は大丈夫だったのですが、男性だともう少し広めか、別容器で構えるといいかもしれませんね。  

無印良品のアルミ弁当箱とプラスチックのお弁当箱の違いは?

ところで、無印良品のアルミ弁当箱の前に私が使っていたプラスチックのお弁当箱。

 

そのとき気付いた点を書いてみました。 デメリット多めです。

  • 汚れが目立つし蓄積する
  • ゴムパッキンなどは念入りに洗わないとすぐに黒ずむ
  • においがしみこみやすい
  • 取っ手などの部分があるので、壊れる可能性が高い(実際に壊れた)
  • 見た目が美しいわけではない
  • いいところは、軽いところ

トータルで見ても、機能的にアルミのお弁当箱の方に軍配が上がるなぁと思いました。

アルミのお弁当箱は毎日使っていると味が出る

あと、毎日使うものって、人間の手垢といいますか、味わい深くなっていく過程があるんですよね。

 

ついた傷すらも愛おしくなる。でも、プラスチックって傷がついたり汚れたりすると、残念ながら汚くなるだけで味わい深くならないんですよね。

 

味を再現するには力不足だったプラスチックのお弁当箱。

 

見た目の美しさや味わい深さを追求するなら、断然無印良品のアルミのお弁当箱だと感じました。

 

無印良品のアルミ弁当箱で味わい深さを愛でよう

f:id:lurem:20170715153058j:plain

 

写真の袋はお弁当袋用に買った、無印のトートバッグです。

 

気に入った物同士を組み合わせて使う喜びを噛み締めて、会社に持って行ってました。

 

勤め人を退いた今、残念ながらこのお弁当箱を使う機会はないのですが、どこかでまた使えたらと思っています。

 

なんとなくお弁当を選ぶよりも、愛着の湧くものを選んでみてはいかがでしょう?

 

読んでいただきありがとうございました!

 

他の無印良品の記事はこちら!

 

www.lure-tashoku.net